Skip to content

ヤンキース黒田選手に2年連続QO(クオリファイング・オファー)提示。ところでQOって何?


ヤンキース黒田選手に2年連続QO(クオリファイング・オファー)提示。ところでQOって何?こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

この年のプロ野球界も

 

アメリカ大リーグ(MLB)はボストンレッドソックスが

セントルイス・カージナルスに4勝2敗で優勝を決め。

地元本拠地フェンウェイ・パークでは95年ぶりとなる世界一。

 

 

日本野球界では球団創立9年目の楽天イーグルスが

4勝2敗で読売ジャイアンツに勝ち、

初の日本一に輝きました。

 

 

さて、話題はフリーエージェント(FA)などの

ストーブリーグ関係になるのですが

 

 

ニューヨークヤンキースの黒田博樹 投手が

2012年に続き今年2013年もヤンキースから

QO(クオリファイング・オファー)の提示を受けました。

 

bandicam 2013-11-07 19-47-36-500

(ヤンキース黒田選手・Wikiより)

 

 

ところで、QOって何なの?

 

QOはMLBでは昨年度から導入されているのですが

管理人はこの制度について何となくでしかわからないので

 

少し調べてみました。

 

 

QOを説明する前にまずはFA(フリーエージェント)

説明しなければいけません。

 

 

フリーエージェント(Free Agent)は、

所属チームとの契約を解消し、

 

他チームとの契約を自由に結ぶことができる

特別な自由移籍の権利を持つスポーツ選手のことで

 

 

当然実力があれば選手側が望む高額で

複数年の契約が出きますので高額年棒を出してでも

欲しい選手がいれば

 

財政的に裕福な球団は資金的に苦しい球団より

有利に選手と交渉に臨めるわけです。

 

 

ですが、

MLBではFAにより契約金や年俸の高騰を招き

 

資金的に高額の年棒を出せない球団から

有望選手の頻繁な流出が起きたために

 

 

それを抑えるFA補償制度として

QO(クオリファイング・オファー)が

実施されました。

 

 

QOとは該当年のMLB上位125選手の平均年棒で

自チームFA権を持つ選手に“1年契約”で提出することです。

 

 

あらかじめFA権を持つ選手に対して

所属球団側がQOを出しておけば

 

その選手が他球団に移籍した時にその移籍球団の

来季のドラフト1順目の指名権を譲り受けることができます。

(MLBのドラフトは毎年6月)

 

 

ただしFA選手が移籍したチームの

今季の成績がMLB30チーム中21から30位だった場合は

 

ドラフト1順目の指名権譲渡はありません。

 

 

大リーグでのドラフトは完全ウェーバー制で

成績下位チームから順に指名権があります。

 

 

その下位チームの指名権を譲渡してしまっては

財政力に寄らないチーム間の戦力均等化を狙った

完全ウェーバー方式の意味を成しませんので・・・

 

 

 

ところで、複数年契約やそれ以上の年棒を望む

選手側はこの提案を拒否することもできますが

 

 

獲得に手をあげる球団がなければ

古巣の球団に残留となり年棒はQOで

提示された金額より下がることもあります。

 

 

ちなみに今期のMLB上位125選手平均年棒は

1410万ドル(約14億1000万円)だそうです。・・・凄いですね

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す