Skip to content

PS3 ウォーキングデッド 発売日間近。運命を自分で選択するのだ!


PS3 ウォーキングデッド 発売日間近。運命を自分で選択するのだ!こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

このブログでも毎週取り上げている

FOXのテレビドラマ

「ウォーキングデッド シーズン4」

 

 

そのウォーキングデッドのゲームソフトが

 

プレイステーション3及びWindows用で

発売されます。

 

bandicam 2013-11-07 02-18-03-051

 

発売日は12月5日です。

 

 

テレビ番組中でもこのゲームソフトの

宣伝はしていたのですが

 

どうも、ドラマとは状況設定が同じで

登場人物などは異なります。

 

 

ドラマでも農場主であったハーシェルはゲームでも

同じ農場主設定のようでした。

 

 

あと、グレンも登場していましたが

今分かっている段階で

他はゲームオリジナル設定です。

 

 

主人公はリーという元大学教授です。

 

bandicam 2013-11-07 02-16-04-227

 

クレメンタインという少女と共に

ゾンビだらけの世界で逃亡を図るようですよ。

 

 

ゲームのグラフィックは実写よりアニメに近いです。

 

日本のゲームがカプコンの「バイオハザード」シリーズや

スクエア・エニックスのFFシリーズなどが

 

実写に近づいて行ったのに対して

 

 

このゲーム「ウォーキングデッド」

実写には近づけずに表現を抑えめに

しているように見えました。

 

といってもCEROレーティングは

18歳以上指定のゲームソフトなのですが…

 

 

内容的にはドラマの状況設定と同じですから

 

冷静な判断や迅速な決断を必要とするようです。

自分が選んだ行動によりその後の展開が変動するようで、

 

 

このシステムは初期の頃の

バイオハザードシリーズと似ていると思います。

 

 

自分の行動で状況が変わるシステムに

管理人はかなりハマりました。

 

 

ホラーもののドラマや映画では変な演出で

“そんなことしねぇーーーよ!!”って

 

叫びたくなるようなアホな行いをしてくれる奴が

わらわら出てきて興ざめなんてこともあるのです。

 

 

自分で行動を選べるシステムなら

妙なストレスは感じずに

 

ストーリーそのものに納得しながら進められます。

 

それで自分が主役の1本のドラマを

作り上げることができるのです。

 

 

ストーリーは5つのエピソードが用意されているようですが

エンディングもマルチエンディングだったらなお良いです。

 

 

ゲームを最初からやり直してみるときに

 

“あの場面でアホな選択をしたらどうなっていたのだろう?”

で、

実際にアホな行動をしてみて

 

 

“ほら、やっぱドツボじゃん”

なんて楽しみ方ができるのです。

 

 

90以上の海外ゲームメディアで

ゲーム・オブ・ザ・イヤーを獲得しているなど

 

世界中で大好評の「ウォーキングデッド」。

 

日本での販売までもうすぐです。

楽しみにして待ちましょう。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

ウォーキング・デッド 日本語版PV『究極の選択』篇⇓

グロテスクな表現があります。注意!

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す