Skip to content

ウォーキングデッド・シーズン4第3話「集団感染」 本日の名言の巻


ウォーキングデッド・シーズン4第3話「集団感染」 本日の名言の巻 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

今週の

ウォーキングデッド・シーズン4 は

 

第3話「集団感染」です。ネタバレあります。要注意。

 

 

ナ、ナ、ナント、ナントの勅令

 

いや違った、

なんと今週のウォーキングデッドは

 

定番の

あり得ないアホな行動をしている人物。

 

“アホ人”が出てきませんでした。

 

信じられません。

 

 

もちろん、アホな行動自体は出現しましたが、

その行動の理由は考えられる根拠がありました。

 

 

特に今週のアホ行動はあの理性的であるはずの

キャロライン叔母様の

避難場所である刑務所から外へ出ての“単独水汲み”。

 

 

でもこれは後で述べますが根拠があります。

自分には明日と言う日が来ないかもしれない、

 

だから、一つでもいいから

皆の役に立つことをしていたいと言うことなのでしょう。

 

“償いの意味も含めて”←これを後で説明いたします。

 

 

それよりも今週は

何だか格言・名言にウンウンとうなずいてしまいました。

 

 

その中の2つほどを紹介いたします。

 

一つ目

KIMG0017

 

場面が変わったところで

壁に掛けてある絵画の中に書いてある文章が

大きく映し出されます。

 

上の写真がそれなんですが

「Smooth  sea  do  not  make  good  sailors.」

 

直訳すると

「穏やかな海ではよい船乗りは生まれない」

と言ったところでしょうか。

 

 

“艱難汝を玉にす(かんなんなんじをたまにす)”

と同じような意味だと捉えました。

 

要は困難や苦境がその人を育てることになると言うことですね。

 

 

この画像が出た後で病気に感染した

刑務所内にいる住民の症状を和らげようと

 

ハーシェルおじい様が刑務所外にニワトコの木の葉を

取りに出ることを決意します。

(ニワトコの木の葉は熱さましの風邪薬としてお茶にして飲むようです。)

 

 

ちなみに先週第2話で感染症の病気が

刑務所内で発生したのですが

 

 

どうもインフルエンザのように空気感染するようです。

 

下の写真のように見るからにとんでもなく深刻なのですが

KIMG0016

 

だって、咳をしたら血ィ~吐いてんですよ!!

 

 

重度の結核ですか!?

風邪じゃ無いよね?絶対に。

 

あの~~、監督さん及び脚本の作者さん。

チョット登場人物たちを追い込み過ぎているんとちゃう?

 

 

空気感染の状態で

しかも、短時間で熱を出して咳をしたら

血を吐くような状態まで病状が進行するって

 

あと1,2話で物語が終了する勢いじゃないですか。

 

 

この状態を大逆転って、

またアリエンことをしでかすんでしょうね、きっと。

 

 

それはさておき

先ほどのハーシェルおじい様は

この苦しんでる人たちの力になりたいと

 

ニワトコの木の葉を

取りに出たのですが

 

当然それを患者さんに与えるには

 

隔離している患者とほとんど無防備で接触するわけです。

(くれぐれもここは病院ではありません)

 

 

それを思いとどまらせようと

ハーシェルおじい様の娘のマギーと

リーダーのリックが説得するのですが

 

 

その時にハーシェルおじい様が言った言葉が

二つ目の格言・名言です。

 

 

KIMG0019

(↑その時の演説中のハーシェルおじい様)

 

 

演説のだいたいの内容はこちら⇓

 

「今まで自分たちの状況を変えられないことは何度もあった。

変えたくても変えられなかった。

 

だが今回は私が変えられる。

だからやる。

 

外へ出るのも命がけ、

水を飲むのも命がけ、

今じゃ息を吸うのも命がけ。

 

命の保証はない。

 

だが、何に命を懸けるかは選択できる。

 

私には彼らの苦痛を和らげることができる。

そのために命を懸ける。」

 

 

はた目から見れば危険な

または愚かな行為かもしれませんが

 

こう言った主義主張や熱い思いによる行動は

納得せざるえないです。

 

 

自分で考えたうえで

自分で選択して生きる道を選ぶ。

 

物事を人のせいにはしない

ハーシェルおじい様の矜持のようなものを感じます。

 

 

おじい様、カッコイイです。泣けます。

 

 

さて最初に書きましたが、

キャロライン叔母様の償いともとれる“アホ行動”

の件です。

 

実は本日の放送終了間際に

 

先週最後の場面でカレンとデビットを

殺害し焼き殺した犯人ですが

 

 

そのことに関するリックの質問に対して

何とキャロライン叔母様が犯人は自分だと

リックに告げました。

 

 

仲間を救う為ならなんだってする。

感染を防ぐために焼き殺したって訳ですか?

 

それで接触した自分も感染しているかもしれない。

明日おもしれぬ命と言うことですか?

 

カレンたちを殺してしまった償いに自分の身を危険にさらしてでも

水汲みに行ったということですか?

 

えーーーーっ、そんなぁ…キャロ叔母様

 

 

そこで次週に続く・・・何じゃそりゃぁ?気になるじゃねぇか。

 

 

そして、管理人は次週もしっかり見ることになるのです。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す