Skip to content

ウォーキングデッド シーズン4 第12話|ダリル悩み苦しむの巻


ウォーキングデッド シーズン4 第12話|ダリル悩み苦しむの巻 

毎度どうも

管理人の多摩です。

 

 

今回は

ウォーキングデッドシーズン4 第12話です。

 

サブタイトルは

「Still(いまだ)」です。(毎度のことですがネタバレ注意です)

 

 

今回はダリルとべスのグループに焦点があてられた話です。

お互いの心の葛藤を描いています。

 

ウォーキングデッドはたまにアホ人が出ない回があるのですよね。

今回がそうです。

 

KIMG0044

(べスさん、今回もゾンビさんには大人気)

 

今回も行動そのものがアホな事はあるのですが

それには理由があり意識してやっている

本人もわかってやっているからいいのです。

 

ダリルもべスも今の状況と運命に対して

逃れたいともがいているのです。

 

それをうまく表現できずに

お互いに突っ張っているような状態です。

 

 

おもにべスは自分がいつも守られている人間で

その非力さのようなものに

 

ダリルはべスの父親であるハーシェルさんを

総督の襲撃から守ってやれずに死なせてしまい

 

リックなど仲間ともバラバラになり

何もできなかったことに対して表には出しませんが

密かに自分を責めています。

 

 

KIMG0047

(自分を責めるダリルを後ろからべスは抱きしめます)

 

 

そう言ったことと折り合いをつけて

新しく旅立つ回が今回の第12話です。

 

 

ウォーカーから逃亡中に二人はゴルフ場にたどり着きます。

そこでピーチシュナップスと言う酒を見つけ

べスは飲もうとしますが

 

半ば自棄で酒を飲もうとしている節があったところを

ダリルに止められます。

 

ゴルフ場につく前に

べスが今まで父親にとめられていて

酒を飲んだことがないため

 

飲んでみたいから酒を探しに行くなんて言って

ダリルともめるくだりがあったのですが

 

 

その時にダリルはべスが今までの自分と決別したいから

止められていたお酒を飲みたいなどと言っていると

理解したんじゃないでしょうか?

 

だから、ヤケ酒のような形でピーチシュナップスを

飲もうとするべスの酒ビンを取り上げ割ったのでしょう。

 

その後、ダリルがかつてミショーンと見つけたと言う

密造酒がある家に連れて行き

そこでべスにその酒を飲ませます。

 

 

そこでお互いの心にある苦しみをぶつかり合いながらも

吐露することになります。

 

ところで、

その家はかつてのダリルが生まれ育った家に似ているそうで

 

最後にはその家にベスとふたりで密造酒をばらまいて

火をつけて去ります。

 

3月28日KIMG0049

 

 

これは二人が今までの自分と決別して旅立つことの

「象徴」のようです。

 

だって、燃え盛る家に向かって

二人とも中指たてて

“ファック・ユー”ポーズしてんですから・・・

 

 

こう言う回があるから

ウォーキングデッドはお笑いギャグストーリーに

ならずに済んでいますよね。

 

 

ゾンビがわらわら出てきて

大格闘って事が好みな方にはつまんない回だったかもしれません。

 

かく言う管理人も突っ込み足りなくて

じっくり見てしまいました。

…ん?作者にしてみれば良かったのか?

 

 

問題なのはこの二人は他のメンバーたちのように

“生者の避難場所”のようなところに向かっていないことです。

 

この調子では他のメンバーと合流できないよね?

 

ただ、べスがゴルフ場でワシントンD.Cの刻印がある

スプーンを取ってしまっていました。

 

それが伏線になって

前回出て来た、

あのアホ科学者ユージーン・ポーターが向かおうとしていたのが

ワシントンD.Cだったから

 

そこで将来的に他のメンバーと出会うのかも?

気になるところですね。

 

それではこの辺で

 

「お・い・と・ま」

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す