Skip to content

ウォーキングデッド シーズン4 第11話|アホは5人集まっても文殊の知恵にはなりませんの巻


ウォーキングデッド シーズン4 第11話|アホは5人集まっても文殊の知恵にはなりませんの巻 

毎度どうも

管理人の多摩です。

 

 

今回は

ウォーキングデッドシーズン4 第11話です。

 

サブタイトルは

「Claimed」です。(毎度のことですがネタバレ注意です)

 

 

第10話で意識を失っていたグレンと同行していたタラは

なぞのダンプカーに乗っていた人物たちに拾われています。

 

ダンプの荷台で気を失ったままだったグレン君は

意識を取り戻すとタラに

自分が乗っていたバスに遭遇していたことを知らされ

その中は全滅だったことを知ると

無理やりにでも車から降りて嫁さんのマギーを探しに戻ります。

 

 

ところでダンプを運転していた前回出演のいかつい兄ちゃんは

エイブラハム軍曹と言う軍人で

一緒にいた男は

今回のゾンビ事件の原因のようなものを知っている

ユージーン・ポーターという名の科学者でした。

 

ワシントンDCへ

ポーター博士を連れて行っている途中だそうです。

 

もう一人の女性はロジータと言う名の・・・・・

・・・何している人かはわかりません。

 

貴女は何者?

 

ただねぇ、何だか胡散(うさん)臭いんですよね・・・全員が。

 

ポーター博士は本当に科学者なの?

エイブラハム軍曹は見かけは軍曹ぽいから

そうなのかもしれないけど

でも、軍人の感じがしないんだよなぁ。

 

博士をワシントンに連れて行くことが

世界を救うことになると軍曹は言うんだけど

ナンカ安っぽいんですよ。

 

ポーター博士はポーター博士で頭悪そうなんですよね。

 

「キミの嫁さんはもう死んでいる。

皆でワシントンへ行くべきだと」

言うエイブラハムと

マギーは生きていると信じて疑わないグレンが

つかみ合いのけんかが始まります。

 

そんな中でゾンビ軍団がやってきます。

 

ダンプのところにいたポーター博士は

みんなにゾンビが来たと声をかけるんですが

 

熱くなっているお互いアホの

エイブラハムとグレンはそれにも気づかず

つかみ合いのけんかの真っ最中。

 

止めに入っているタラもロジータも気づかないんだから

この軍団、先週のミカ&リジ-の少女コンビよりも

ダメ軍団です。

 

 

KIMG0041

博士が銃を乱射して初めてゾンビ軍団に気づき

あわてて戻るアホ軍団

 

 

そこでダメのトドメを刺したのが

ポーター博士だったのが笑ってしまいました。

 

だって、

博士はマシンガンの扱い方が

良くわかっていなかったようで

 

適当に乱射してはゾンビにまともに当たらんと

ダンプカーにあたって、

ダンプが使い物にならなくなります。

 

KIMG0040

(僕、知ーらないって感じの左後ろの科学者ポーター)

 

 

賢い人は自分が銃器を扱えないとわかっているのなら

喧嘩の真っ最中だけど、すぐ近くに

武器の扱いにたけた連中がいるのですから

 

武器もってそいつらのとこへ行き

ゾンビがすぐそばに来ていることをわからせ

武器を渡すよね。

 

何で使えもしない武器を適当に使って

自爆するかなぁ?

 

“三人寄れば文殊の知恵”と言いますが

アホが5人いてもアホさ加減が加速するだけのようです。

 

さすがは「ウォーキングデッド」。

ありえんアホ人、炸裂。

 

やっぱこうでなきゃね!

 

 

ちなみにエンディングでリック・カール父子とミショーン組は

生者の避難場所のようなところに向かいます。

 

そこはタイリース組も向っている場所ですよね。

皆さん集合することになるんでしょうか?

 

 

ナンカの罠のような感じがしないでもないですね・・・

 

 

それではこの辺で

 

「お・い・と・ま」

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す