Skip to content

鳥インフルH7N9型が中国で感染拡大中 イヤな感じがするなぁ。


鳥インフルH7N9型が中国で感染拡大中 イヤな感じがするなぁ。 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

2014年1月12日付msnの産経ニュースの報道で

 

「中国の上海市と江蘇、浙江、福建、広東の各省で

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)感染者が

12日までに新たに9人確認され、うち2人が死亡した。」

 

とありました。

 

1月12日時点で

中国本土での感染確認者は164人、死者は50人に上るそうです。

 

基本的に鳥インフルエンザである間は

鳥から人への感染で感染力は普通の人から人へ感染する

インフルエンザに比べて弱いのですが

 

江蘇省の衛生当局によると

人から人への感染も確認しているそうです。

 

インフルエンザは型が変異しやすく

人から人への感染も本格的になったら

かなり大変なことになりますね。

 

現時点でも感染確認者は164人に対して死者が50人って

とんでもない割合だと思います。

 

そんなインフルエンザが人から人へと感染しやすくなったら

恐ろしいです。

 

今のところ日本人の感染者はいませんが

中国の事と考えてはいられません。

 

と言っても、

ワクチン対策などは国がやることですので

個人としてはインフルエンザに罹患しないように

するしかないのが現状ですよね。

 

北京の日本大使館で感染源とみられる生きた鳥の市場などに

近づかないよう呼びかけているそうですが

 

本当に“君子危うきに近寄らず”です。

 

妙な冒険心を出して、「探索だぁ」なんて

間抜けな観光客が感染源に近づいて罹患して

帰国なんてことが無いようにお願いしたいものです。

 

ところで、国立感染症研究所によると

国内での今年のインフルエンザウイルスの検出は、

A香港型の割合が最も多く41都道府県で増加がみられたそうです。

 

警報レベルを超えた保健所地域はまだないそうですが

日々用心しているに越したことはありませんよね。

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

鳥インフルエンザH7N9型のニュース動画を見つけました⇓

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す