Skip to content

首都圏大雪、雪かきにみる日本人の民度の高さ。の巻


首都圏大雪、雪かきにみる日本人の民度の高さ。の巻 

毎度どうも

管理人の多摩です。

 

2月8日の東京の記録的な大雪は

まさしく記録的で都心での積雪が27cmになったとありました。

戦後3番の記録だそうです。

 

北陸、東北、北海道の方から見ると

大した積雪ではないと思いますが

普段から10cmを超える積雪自体が珍しい首都圏ですから

 

20cmを超えるとなるとかなり交通機関がマヒします。

 

管理人の家の玄関前は雪の吹き溜まりのようになって

ドアを開けようとすると

まるで誰かが

前から押し返しているかのようでした。

 

さて、本日9日は東京では雪もおさまり

陽がさす暖かい1日でした。

 

当然のことながら待っている仕事が

“雪かき”

 

管理人は雪かき用スコップは持っていないので

車の雪かき用でワイパーブレードの巨大な奴で

せっせこ3時間ぐらいかけて雪かき。

 

雪かきをしている最中は体力的に少しシンドイなと

感じる程度だったのですが

 

3,4時間後には全身筋肉痛

いや、これは筋肉痛と言うのか?

何か打撲のような痛みです。

 

だいたい筋肉痛ってこんなに早く症状が出たか?

 

一通り雪かきも終わり

本日は東京都知事選挙ですので

選挙に行ってきたのですが

 

道を歩いていて気付いたのですが

住宅地の雪かきがいつもより早くなっているような気がします。

 

ご近所さん同士で協力し合って

雪かきしているところも多くありました

 

 

昨年までは自動車で移動することが多く、

その時は「何でここの住人は自宅前の雪かきすらせんのかねぇ?」

って思うことが多かったのです。

 

他の道は雪などないのでノーマルタイヤで走っていると

そういったお宅の前では

突然恐怖のアイスバーン路面に出くわしたりするのです。

 

ところが

今日、歩いて選挙の投票会場まで行くと

大通り以外は雪かきがほとんどされていました。

(今日が日曜日だからでしょうか?)

 

雪かきは雪が凍ってしまう前にやってしまうことが鉄則です。

 

もう一つ気付いたのが

大通りで歩道の部分の雪かき。

 

ちょうど雪かきスコップひとつ分ぐらいの幅で

一本道のようにずっと雪が取り除いてあるのです。

 

住宅やマンションがないところにある

この歩道上の「一本道の雪かき」は

いったいどなたがされたのでしょう?

 

自分の家の前でもないのに雪かきをしてくれた

善意の第3者がいると言うことですよね。

 

頭が下がります。

ありがとうございます。m(。。)m

 

雪の上を歩くのはかなり気を遣うのです。

雪がそのままにされて

人が歩くことによって踏み固められた雪は

 

少し日がたち凍ってくると

もっと歩きづらくなるのです。

 

この善意の第3者のおかげで怪我をしなくて

済んだ人がいるはずなのです。

 

小学校の通学路でもあるのですから

本当にありがたいですよね。

 

こういうところで

日本人の民度の高さを感じますよね。

 

誰に感謝してもらおうというわけでもなく(管理人は感謝しているけど)

普通に居住区以外に雪かきがしてあるって

凄いことだと思いますよ。

 

ちなみに都知事選は大雪のせいもあり

投票率は3分の1ぐらいになりそうです。

(政治意識は低いのか?)

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す