Skip to content

いまだにソメイヨシノが韓国起源って、かの国のマスメディアは科学を放棄したの?


いまだにソメイヨシノが韓国起源って、かの国のマスメディアは科学を放棄したの? 

毎度どうも

管理人の多摩です。

 

 

今年も、

もう3月の後半になり少し暖かくなってきました。

 

日本では3月の卒業式、4月の入学式と共に

この時期に必ずイメージされる花があります。

 

そう、です。

 

中でもソメイヨシノは桜の花の代名詞のようになっています。

 

アート的なもの以外に

お花見に代表されるように

庶民的な日本の文化として定着している花でもあります。

 

bandicam 2014-03-20 15-51-38-049

 

 

この季節にいつも見かける

河川敷や公園で咲くソメイヨシノは清楚で品があって

サクラの木全体で見ても、花1輪で見ても

いつまでも鑑賞できる美しい花です。

 

多摩動物公園の桜は今年もきれいに花を咲かせてくれるのでしょうね。

(もっとも、管理人はこの美しさに気づいたのは成人してからですけど・・・)

 

 

日本だけではなく

ワシントンD.Cのポトマック川ではこの時期

全米桜祭りが毎年行われます。

 

この行事は

1912年に当時の東京市長の尾崎行雄氏から

12品種、3020本の桜がワシントンに

贈られたことを記念して行われています。

 

 

bandicam 2014-03-20 16-20-16-963

(ウィキペディアより。2010年の全米桜祭り中のジェファーソン記念館)

 

 

 

ところが、これまたここ数年

“ソメイヨシノは韓国起源”と言う悲しい珍説

 

韓国のマスコミは真実をまともに調べることなく

毎年垂れ流しています。

 

 

韓国側の言い分は

“ソメイヨシノの原産地が済州島の王桜であることが日韓両国の学者の一致した研究結果”

と言うことだそうですが

 

その様な事を言っているのは韓国の極めて一部の

学者?だけです。

 

日本でそのような事を言ったのは

日本植物分類学会の創立者、

小泉 源一(こいずみ げんいち)氏です。

 

済州島に自生する王桜とソメイヨシノを比較した結果

類似しているため形態学的観念から

1939年にソメイヨシノの起源が王桜と発表しました。

 

 

ところがこれは後に

2007年に米国農務省所属の研究所と

ソウル大学などの米韓の研究チームが

ソメイヨシノと済州島の野生種の桜をDNA解析した結果、

全くの別物と出ています。

 

 

ソメイヨシノを日本の物で無いようにして

アメリカの桜まつりで韓国の桜が起源にするためなら

 

韓国は自分の国の大学も関係したDNA鑑定という

科学的調査ですら否定するの?

 

 

このDNA調査の結果をアメリカ農務省は

2011年4月改訂版でも変更していません。

(つまり今現在、確定しているわけ)

 

 

さらに韓国側の言いぶんでは

韓国国立山林科学院暖帯山林研究所の

キム・チャンス博士が

2009年にワシントンD.Cを2度訪問し、

ポトマック川のサクラの標本を採取してDNA分析を行ったところ、

ポトマック川のサクラと王桜が同じであると確認されたと言っていますが

 

その検証がしっかりされていません。

 

自生固有種の王桜と交配園芸種のソメイヨシノが

“同じ”

と言うことはあり得ないのですけどね。

 

 

もっと言うなら、

最初に書きましたが東京からワシントンへは

12種類の品種が贈られています。

 

 

ソメイヨシノではなく他の桜の一つに

済州島の王桜と近縁種があったかもしれません。

 

それを王桜がソメイヨシノの起源にすり替わっている

可能性すらあります。

あくまで可能性ですが。

 

 

ところでですね、

韓国では王桜とソメイヨシノが完全に別種という概念が

存在しないようで

毎年韓国マスコミが

「日本のサクラは本来、私たち済州の王桜であり、

これを日本が取って植えたに過ぎない」

 

とか、言っているそうですが

 

 

そもそも、ソメイヨシノは自生した独立種ではなく

オオシマザクラエドヒガンの一種のコマツオトメとの

交配種の園芸品種です。

(ちなみにオオシマザクラは済州島に自生していません)

 

 

ソメイヨシノ同士では発芽できる種子は出来ません。

ソメイヨシノに別の桜の花粉が付き、

種子が出来たりしますがそれはソメイヨシノではありません

 

つまりソメイヨシノは

接ぎ木などでしか増やせません。

“野生”で自生などできんのです。

 

 

だから3000本以上の自生しているソメイヨシノを

済州島から取ってアメリカのワシントンDCに

植林するなんてできんのです。

 

接ぎ木で手間暇かけて数を増やしていくしかないのです。

そういう意味でもキム・チャンス博士のDNA鑑定結果は

極めて疑わしい。

 

 

王桜は独立した自生種です

 

王桜はソメイヨシノそのものでもなければ

ソメイヨシノの片方の親でもないことが

DNA鑑定の結果が出ているのですから

 

むしろ、固有種として王桜の保護を

韓国はするべきなのでは?

 

 

今、済州島では王桜の保護より

一生懸命

ソメイヨシノを植える活動をしているそうです。

 

自生固有種の王桜を絶滅に追い込みたいんですかねぇ?

 

そんなにアメリカの桜まつり文化が自国発祥とするのが大事ですか?

 

歴史などを自国に都合よく解釈するのは

いずれの国でもありますが

科学的事実は素直に認めないと

とんでもないことになりますよ。

 

 

ついでに言うと

仮にソメイヨシノの片方の親が王桜としましょう、

(あくまでも仮にですよ)

それでソメイヨシノは韓国起源と言いだしたら

もとをたどれば

人間の起源はアメーバであると言いだすのに等しいですよね。

 

交配園芸種のソメイヨシノはそれ自体がオリジナルであって

起源をさかのぼっても

まったく意味がないよね。

 

韓国マスコミが非科学的だと

困るのは韓国民だと思いますがいかがなものでしょう?

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す