Skip to content

「スニッカーズ」CMでt.A.T.u.(タトゥー)が来た。タトゥーと日本って日本と韓国の関係に似ているなぁ。


「スニッカーズ」CMでt.A.T.u.(タトゥー)が来た。タトゥーと日本って日本と韓国の関係に似ているなぁ。 

 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

2003年の出来事ですが

 

テレビ朝日の音楽番組「ミュージック・ステーション」で

番組の冒頭には出たが、いざ歌う本番には

 

訳の分からん理由で

 

控室から出てこずドタキャンして

そのままトンズラこいた、

 

あの「t.A.T.u」

マース ジャパンの「スニッカーズ」のCMに起用されました。

 

 

お腹がすいたら「スニッカーズ」で有名な

あばれる内田裕也で有名な

「スニッカーズ」のCMにでます。

 

 

今度はお腹がすくと

不機嫌な“内田裕也”ではなく

不機嫌な“t.A.T.u”になるそうです。

つまり、沢尻エリカ様バージョン路線です。

CMはドタキャンしなかったようです。

 

と、言っても調べてみると

彼女たちもかわいそうなところがありますよね。

 

 

何でも「t.A.T.u」と言うのは

リェーナ・カーチナユーリャ・ヴォルコヴァ

 

二人の女性コンビの名前ではなく

プロデューサー・作曲者・作詞者など

プロジェクト全体の名称だったんですね。

 

リェーナとユーリャはそのヴォーカル担当と言ったところです。

bandicam 2013-10-18 12-17-52-980

 

その中でプロデューサーの

イワン・シャポヴァロフと言う人物が

グループ内で強大な力を持ち

 

スキャンダラスな話題を提供していく戦略の指示を

出していたようですね。

 

だから、日本のMステだけでなく

イギリスなどでもドタキャンやって見せたり

 

リェーナとユーリャは別に同性愛者ではないにもかかわらず

その様な演出を強めたりしたようです。

 

 

シャポヴァロフ「t.A.T.u」

音楽作品そのものを高めようとせず

お騒がせな話題で“儲けていこう”と言った態度だったので

 

2004年に彼は

「t.A.T.u」のプロデューサーを解任させられています。

(「t.A.T.u」の性質上、形式は“脱退”)

 

 

リェーナとユーリャはその後

“Gomennasai”というタイトルの曲を出しています。

ロシア語ではなく

「ごめんなさい」って言う日本語です。

 

 

チョット微妙な感じですが

とりあえず謝罪の意味ですと言うところでしょう。

 

いろいろ発言を聴いていると

リェーナとユーリャたちには

 

“何で私たちが謝らなくちゃいけないのよ”

 

って、ところのようです。

 

 

今回のCMをアピールする来日会見でも

「何度も謝罪して『ゴメンナサイ』って曲も書いたわ。過去は過去」

 

という発言をしていますからね。

また、日本人には、むかっ腹がたつんでしょうね。

 

 

ところで、管理人はふと思ったのです。

 

「この状態なんか似ているぞ。」

 

 

日本と韓国の状態と似ていやしませんか?

 

日本からすればそれこそ何度も

韓国に正式に謝罪しているのに

 

韓国からは日本は謝罪に心がこもっていない

反省して謝罪しろと事あるごとに

要求してくる。

 

 

日本国民にはフラストレーションが溜まりますよね。

 

特に戦争そのものに対して何の責任もない

若い世代には「謝れ謝れ」って言われると頭にくるでしょうね。

 

 

国の正式な文書で詫びたのだから

日本“人”と韓国“人”の個々人では

未来志向で行くべきだと思いますけどね。

 

 

今の状態では一人ひとり個人に向けても日本と韓国が

お互いに恨みを

発散しようとしているように見えます。

 

「t.A.T.u」を見ててそう感じた次第です。

 

だから、日本人は懐の深いところを見せて

「t.A.T.u」を許してあげましょう。

 

そして再び「t.A.T.u」をMステに呼びましょう

 

きっともの凄い視聴率になると思いますよ。

こんなおいしい話はないと思いますが

 

テレビ朝日様。いかがでしょうか?

 

 

それでは今日はこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

追伸

ちなみに曲は今聞いてもいい曲だと思います。

⇓「オール・ザ・シングス・シー・セッド (All the Things She Said) 」⇓

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す