Skip to content

島倉千代子さん 死去 追悼番組はどの局がやってくれるのでしょう


島倉千代子さん 死去 追悼番組はどの局がやってくれるのでしょう 

 

本日は訃報です。

1955年(昭和30年)に「この世の花」でデビュー以来

 

戦後の歌謡界に多大な貢献をしてきた

 

島倉千代子(しまくら・ちよこ)さんが11月8日、

肝臓がんのためにお亡くなりになりました。

 

 

島倉さんの場合、

ふるくは「東京だョおっ母さん」

から「人生いろいろ」まで

 

多くのヒット曲が有名なだけではなく

 

その身に降りかかる“不幸との闘い”でも

人々の記憶に強く残っています。

 

 

1938年に未熟児で出生

 

1945年に疎開先の長野で左腕を重度に損傷する

事故に遭う。(以後不自由ながらも動かすことは出来るようになる)

 

1961年にファンの投げたテープが目に当たって失明寸前になる。

 

1975年マネージャーなどの保証人になり16億円の借金を負わされる。

(借金をした者たちは行方不明)

 

1977年失明寸前の時の治療でお世話になった守屋義人医師の

連帯保証人で2億4000万円の負債を負う。

 

 

1988年に姉が投身自殺。

 

1993年に乳癌があることが発覚。

 

2007年に資産を知り合いに奪われ多額の借金を抱える。

 

 

 

どれか一つだけでもくじけそうになるような

出来事ばかりですが

 

 

島倉さんは全部乗り越えてきました。

 

 

その様な中での数々の記録を残してきたのです。

 

 

*1955年デビュー曲「この世の花」200万枚達成

*1957年「東京だョおっ母さん」が150万枚達成

*NHK紅白歌合戦1957年から1986年まで史上初の30年連続出場

*1987年から1988年にかけて「人生いろいろ」が130万枚達成

*1999年に紫綬褒章を受章

 

 

そういえば大阪市役所でお昼に流れる曲「小鳥が来る街」は

島倉千代子さんが市緑化100年運動の開始記念に

大阪市に無償協力してつくられた曲であるにもかかわらず

 

何も知らん橋下市長が「変な音楽」とか

のたまってくれたこともありましたね。

(橋下氏は侘びはいれたようですが)

 

 

とにかく波乱万丈なのです。

 

 

追悼番組どころか彼女の生きて来た道のりを

新しく連続ドラマにして放送されてもいいくらいです。

 

 

どこかのキー局でやってくれないかなぁ

 

おそらくどの局も報道番組として

取り扱うのでしょうね。

 

 

残念な気がします。

 

島倉千代子さんのご冥福をお祈りして。合掌

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す