Skip to content

TVタックルにも取り上げられたレンタルフレンドの気になる利用例を調べてみました


TVタックルにも取り上げられたレンタルフレンドの気になる利用例を調べてみましたこんにちは

管理人の多摩です。

 

 

テレビ朝日で

10月28日放送の「たけしのTVタックル」で

 

「レンタルフレンド」の話が出ていました。

 

 

レンタルフレンドをしている会社の一つ

クライアントパートナーズでは

 

60歳以上の利用が2009年は2、3人だったのが

2013年は100人超えたとのことでした。

 

⇓クライアントパートナーズの動画を見つけましたPart1⇓

⇓クライアントパートナーズの動画Part2⇓

つい最近「おっさんレンタル」の記事を10月24日に

書いたばかりなのですが

 

今度は“レンタルフレンド”。

 

 

おっさんレンタルの時は技術や伝統などの継承に

着目した記事だったのですが

 

 

今回の“レンタルフレンド”は

「実務」と「心の隙間」に着目しました。

 

 

この手の仕事だと、

すぐ風俗関係に結び付けたがる輩がいますが

 

そういう方はどうぞその手の風俗へ行って

そのコメントでもしてください。

 

 

今後の日本の高齢者社会では

需要がある仕事だと思います。

 

 

“レンタルフレンド”は

フレンドとつくからどうしても

 

友達がいないものが

「かりそめ」の友人を求める、

または

遊び相手を求むイメージですが

 

 

その様に狭い範囲ではなく

実際は本当にプロフェッショナルな人達が

しっかり様々な仕事をこなす人材派遣業ですね。

 

 

もちろん、妻や子供を亡くした方などの

話し相手となり心の隙間を

埋めることにも利用できますが

 

 

依頼されている仕事内容を見ると

 

ゴミ屋敷清掃

介護サポート

チケット購入

PCサポート

婚活サポート

メンタルカウンセリング

後継者探し

人間関係トラブル関連など

 

本当に多岐にわたります。

 

 

なかには

「仕事をすぐにやめてしまう娘に

女性スタッフから話をしてほしい」

 

 

「仕事が忙しく全く手が離せないので、

至急コンビニでトイレットペーパーと

タバコを買ってきてほしい。」

 

などというものもあるようです。

こう言った、“オイオイ”とツッコミを入れたくなるものから

 

同じ緊急の事例でも

 

「2人の子持ちの母ですが、

体調が悪く病院に行きたい。

病院に行っている間、

小さな子どもの面倒を見てご飯を

食べさせてほしい。」

 

と言う、“わかりました。今すぐ行きます。”

と返事したくなるようなものまで

 

人は様々な事で必要とされているのですね。

 

それを考えると

“自分は世の中に必要とされていない無用のものだ”

 

などと自分を卑下する必要など

まったくないのでしょうね。

 

 

また、そういった仕事がちゃんとあるということも

これから多くの人に知ってもらう必要があるのではないかと

考えた次第でした。

 

 

クライアントパートナーズにおける

仕事依頼や人材募集は

下記のサイトを参照にしてください。

http://www.clientpartners.jp/

 

 

そのほかにもレンタルフレンドを実施している会社は

 

友達代行派遣サービス FakeFriends

http://aquila-lab.net/fakefriends/index.php

 

 

代理出席代行調査アイガプロ

http://igapuroagents.com/frend-daikou.html

 

 

代理代行オフィス エージェント

~結婚式 披露宴等の代理出席・友人・恋人・知人代役

http://www.office-agents.com/

 

 

よろしければ参考にしてください。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す