Skip to content

ワンピース734話 キャベンディッシュ君、ぶっ倒されてたわけじゃなかったのね,そんなことよりローが・・・。の巻


ワンピース734話 キャベンディッシュ君、ぶっ倒されてたわけじゃなかったのね,そんなことよりローが・・・。の巻 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

(ネタバレ注意)

 

今週号のワンピース第734話では

2週前の前話733話で全員が何でか知らんけど

もの凄い速さで何者かにぶっ倒されていますと言いました。

 

キャベンディッシュも“かませ犬キャラ”だったのか?

なんて失礼なことを言ってすみませんでした。m(。。)m

 

キャベンディッシュは倒されてはいませんでした。

 

たった一人、闘技場で立ち上がった人物がいたのですが

そいつぁ、なんとレベッカでした。

 

KIMG0035

 

オイオイ、キャベンディッシュがレベッカに

倒されてんの?

そんな馬鹿な…と思ったのですが

 

その感想は正解でした。

 

キャベンディッシュ

(めんどくさい名前なので次からはルフィーが呼ぶようにキャベツ)

はレベッカに倒されてなんかいませんでした。

 

キャベツは“寝ていました”

 

KIMG0036

 

何じゃそりゃ!

 

奴は眠りこけると別人格の「ハクバ」が出現し

猛烈に素早い剣技を炸裂させてくれるようです。

 

キャベツの異変を感じていたレベッカは

つけているカブトにキャベツの攻撃が当たりはしたものの

かろうじてそれをかわして

助かったという訳ですね。

 

キャベツの異変にノーマークの他の者たちは

一瞬にして倒されてしまったのです。

 

でも、寝ちゃうからキャベツは試合には負けて

最後に立っていたレベッカがタナボタ勝利。

 

サボ(と思われる人物)は

あの攻撃をかわしたのだからレベッカの勝利が

ただのラッキーだとは思っていないようですが

 

でもやっぱ、ラッキー賞ですよ!

 

そんなことよりも

トラファルガーローが何かやばいことになるような気がします。

 

と、言うのもですねぇ

ドンキホーテ・ド・フラミンゴの王宮に連れてこられて

意識は無かったものの

何と「ハートの座席」に座らされていたのですね。

 

ド・フラミンゴは何だかまだ隠している能力があるようで

気になって仕方ないのですが

 

あのスペードやダイアやクローバーの座席に座っていた

ピーカ、

ディアマンテ、

トレーボルなどの最高幹部は

もしかしたらあの座席に座ることでドフラミンゴに忠誠を

尽くしてしまうような仕掛けでもあるんじゃないかって思っています。

 

だからとりあえずローをハートの座席に座らせたのでは?

 

それとも他にもっと別の因縁があるのか?

とにかく“ハートの椅子”に座らせたのは

何か特別な意味が絶対あるはずです。

 

その意味が分かるのは

もうしばらく後のことだと思いますけどもね。

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す