Skip to content

インスリン分解酵素&ネプリライシンVSアミロイドベータ|アルツハイマー病予防に頑張れ!ねぷりん


インスリン分解酵素&ネプリライシンVSアミロイドベータ|アルツハイマー病予防に頑張れ!ねぷりん 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

人間だもの

年を取れば物覚えも悪くなる

 

人間だもの

それでも精一杯元気でいたい

(相田みつを風)

 

 

インスリン分解酵素&ネプリライシンVSアミロイドベータ

 

 

管理人の頭の中でもこの熾烈な戦いが

日々繰り返されているんでしょうね。

 

 

アルツハイマー病の原因には仮説がいくつかありますが

その中でも有力なのが

 

アルツハイマー病の原因物質として挙げられている

アミロイドベータと言われるたんぱく質が

脳に蓄積されていくという説。

 

 

このアミロイドβが人の脳内に蓄積されることで

老人斑(皮膚にできる老斑とは違うよ)ができる。

つまり、

脳が委縮作用を起こすようです。

 

正常な脳⇓

bandicam 2013-10-04 11-01-43-183

 

委縮した脳⇓

bandicam 2013-10-04 11-02-43-225

(出典: ウィキメディア・コモンズ)

 

 

そして、

そのアミロイドβを分解する酵素であることが分かった

インスリン分解酵素ネプリライシン

 

まずは

9月30日放送のテレビ朝日の番組「モーニングバード」などで

最近話題のネプリライシン

 

これが悲しいことに

60歳ごろには急激に減るらしいです。

 

 

そうです。

アルツハイマー病の黒幕・アミロイドβを

やっつけていたネプリライシン様がいなくなって行くのです。

愛しの“ねぷりん”様が去っていく。

 

だから、アルツハイマー病を発症しやすくなるのだとか・・・

 

 

さらに、“インスリン分解酵素”様もアミロイドβを

分解してくれるのですが

 

こちらは生活習慣病などでインスリンが多くなると

それを分解するのにインスリン分解酵素が多く使われてしまい

 

アミロイドβを分解することには

手が回らなくなってしまうらしいです。

あぁ、過労気味の“インス”様

 

だから、アルツハイマー病を発症しやすくなるのだとか・・・

 

 

な、な、何んだよ、

 

“だから、アルツハイマー病を発症しやすくなる”って

 

連発しやがって。

 

 

まだまだ、管理人多摩

「僕はボケましぇ~~んんんん。」

(101回目のプロポーズみてぇだ)

 

 

インスリン分解酵素様とネプリライシン様を

激しく応援したんネン!

 

フレーフレー・・・・って言っててもしょうがないので

 

 

ここは科学的に一つ。

 

 

最初は食習慣

 

EPA・DHAなどの脂肪酸の摂取はかなり有効らしい。

 

したがって、

鯖(サバ)でも秋刀魚(サンマ)でも

とにかく青魚を食え~~!

 

 

ビタミンE・ビタミンC・βカロテンの摂取もとても有効

 

したがって、

野菜や果物をとれーーー

野菜ジュースを飲め~~!

ついでに茶も粉末にしてノメ~~って、苦すぎるな?

 

 

何だ簡単な事じゃないか?

管理人は好き嫌いがないから大丈夫だね。

 

 

そして、有酸素運動。

こいつはウォーキング、つまり散歩でも十分効果があるらしい。

 

1日1時間以上の有酸素運動が一番望ましいようですが

1日20分ほどの有酸素運動を週2,3回継続することでも

かなりの効果が期待できるそうです。

 

 

よし、わかった。

これから事あるごとに歩く。

歩いて歩いて歩き回ったる。

 

風呂場でも足踏みしながら体洗ってやるわい!!

 

 

知的習慣も必要なのだが

これは読書や楽器の演奏がイイらしい。

 

テレビやラジオの試聴も悪くないらしいですよ。

 

 

管理人にとって1番いいのは麻雀だな。

こいつがベストだ。

 

 

ただし、

雀荘はいまだ煙モクモク(タバコ)のところもあるから

要注意だね。

 

タバコは非常によくない。

 

 

酒は適度の赤ワイン(ポリフェノール)は必要ですね。

嗜好品と言う意味も含めて絶対必要だ。

 

 

最後に睡眠。

 

アミロイドβは起床中に蓄積し、睡眠中に減少するそうです。

充分な睡眠が大事です。

 

それと

30分~1時間ほどの昼寝はかなり有効ですよ。

 

 

早速実践だ!

 

 

ちなみに

ネプリライシンを活性化させるソマトスタチンという

物質を使った薬の研究や

 

無害ウィルスをヴェクター(運び屋)として使い

ネプリライシンそのものを脳に届ける技術なども

研究開発されているようです。

 

こちらは管理人が自分ではどうすることもできない

雲の上の出来事なので

 

尊敬する先生方にひたすら

すがるような気持ちで研究・開発の成功を祈っています。

 

 

それでは

今日はこのあたりで失礼いたします。

 

 

 

⇓You Tubeで動画を見つけました。

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す