Skip to content

台風8号ノグリーの意味って何?


台風8号ノグリーの意味って何? 

毎度どうも

管理人の多摩です。

 

 

7月に来る台風としては史上最大級の台風8号

7月9日の早朝時点で960ヘクトパスカルの勢力でした。

もう完全に日本は亜熱帯気候区分ですね。

 

930~960ヘクトパスカルの勢力を持った台風って

管理人が小・中学生の頃には聞いた記憶がありません。

 

 

強い勢力を持った台風8号ですが

固有の名前があります。

 

その名も

ノグリー(Neoguri)

 

 

韓国語で“狸(たぬき)” の意味だそうです.

・・・か、かわいい・・・

 

おっと、

基本的に日本人にとって台風の固有の名前は

あまり関心事ではないですよね。

 

名前など機械的に順番で番号を振った程度でよく

むしろ、その強さと進路の方に関心があります。

 

災害に備えるためにはそちらの方(台風の勢力と進路)に

関心があるのは当然ですよね。

 

 

台風に名前を付けるのは米国流って事です。

 

かつて日本が第2次大戦後に連合国占領下にあった頃

キャサリン台風(カスリーン・Kathleen)

キティ台風(Kitty)

ジェーン台風(Jane)

などのように日本国内に甚大な被害をもたらした台風の名前は

管理人が生まれる前の台風であるにもかかわらず

知識として記憶にあります。

 

 

同じ固有の台風が毎年来るわけではないので

日本国内では台風の名前などその年の発生順の番号で十分なのですが

 

台風自体はその進路においてアジア諸国を襲いますので

国際的には共通の通称のようなものがあった方がいいのでしょうね。

 

 

そこで、

2000年(平成12年)からは

日本を含め14か国が加盟する台風委員会なるものが

140個の固有名詞を前もって決めて

それを順番に使っています。

 

全部使い切ったらまた前に戻るそうです。

 

今回は53番目の名前のノグリー(Neoguri)って事です。

何ともかわいらしい名前です。

実際の台風8号はとんでもない奴ですけど…

 

名前で言ったら54番目の名前になる

次の台風9号の

「ラマスーン(Rammasun)」がオッカナイです。

 

タイ語で「雷神」

名前だけで警戒態勢に入りたくなります。

 

 

とはいっても

今回の台風の“ノグリー”ってかわいらしい名前に

惑わされず、

予想進路を基にしっかりと防災の準備を整えておくべきですね。

 

 

気象庁の台風の名前に関するサイト

⇓ ⇓ ⇓

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/typhoon/1-5.html

 

 

YAHOO!Japanの台風8号進路予想

⇓ ⇓ ⇓

http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/1408.html

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す