Skip to content

ハロウィン クッキー ミックス粉にご用心!ダニ・アレルギー起こすパンケーキシンドローム


ハロウィン クッキー ミックス粉にご用心!ダニ・アレルギー起こすパンケーキシンドローム 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

もうすぐ10月31日“ハロウィーン”ですね。

 

もともと日本では馴染みのなかった

ハロウィーンの行事も

 

幼稚園などではイベントも行われるぐらい

 

毎年恒例の行事になってきましたね。

 

 

幼稚園での

子供たちのハロウィーン用のコスチュームづくりに

大変な思いをしているお母さんたちも

 

きっと、たくさんいらっしゃるのでしょうね。

 

 

さて、ハロウィーンと言えば

子供たちが一軒一軒回って

 

“トリック・オア・トリート (Trick or Treat)”

と言ってお菓子のおねだり恒例ですが

 

 

この時に手作りのキャンディーやクッキーを

用意しているご家庭も多いと思いますが

 

10月13日の毎日新聞の報道に

気になる記事を見つけました。

 

 

何でも、

「お好み焼き粉や菓子用のミックス粉などに入り込んで繁殖したダニが原因で、全身にアレルギー症状を起こす人が相次いでいる。」

 

と言うのです。

(パンケーキシンドロームとも言うそうです)

 

 

多くの方はご存知だと思いますが

ミックス粉と言うのはクッキー用やスポンジケーキ用など

作る目的に合わせて

 

あらかじめ小麦粉以外に

グラニュー糖、粉末水あめや乳化剤など

を加えているものです。

 

 

ところが管理をしっかりしていないと

これにダニが繁殖してしまうらしいのです。

 

毎日新聞の記事の数字を見てびっくりしてしまいました。

 

粉1グラムあたりに4800匹だとか、9000匹前後だとか

コナヒョウヒダニが確認されたらしいのです。

 

 

ビックリーーーーーー!!

 

 

それを知らずに調理してしまい

食べた子供たちがじんましんや息苦しさを訴える

アレルギー症状を起こした例が増えているそうです。

 

なかには

小麦アレルギーと誤認されている可能性もあるそうです。

 

 

管理人も聞いたことがなかった事態なのですが

 

高知大学病院の小児科アレルギー外来を受診中の

保護者54人のアンケート結果でも

61%の人が「聞いたことがない」と答えたそうです。

 

 

“小児科アレルギー外来を受診中”の方でも

約3分の2の方々が知らないのですから

 

 

ミックス粉の中のダニによるアレルギーは

あまり周知されていないのだと思います。

 

 

小麦単体よりミックス粉の方がダニが繁殖しやすいようですが

ミックス粉をむやみに恐れる必要などは全くありません。

 

しかし、その保存方法には注意が必要なようです。

 

 

食料品ですから保存の仕方に注意するのは当たり前の事なのです。

生魚を常温でとっておいたりしませんよね。

 

なぜなら、腐るからです。

 

 

まったく同じ考え方で

開封後のミックス粉は常温では保存しない。

 

なぜなら、ダニが繁殖するから。

 

したがって、ミックス粉は少量買って調理ごと使い切るか

生ものと同じように冷蔵保存する

と言ったことをした方がいいようです。

 

 

粉製品ですから何となく常温保存したくなりますが

調理場のように湿度の高いところで

 

ミックス粉の長期間の常温保存は

ダニの格好のたまり場になってしまうということですね。

 

ご用心、ご用心。

 

 

それでは今日はこの辺で

 

お・い・と・ま

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す