Skip to content

堀北真希『ミス・パイロット』第1話見ました。フジテレビさんチャライラブドラマにしないでね。


堀北真希『ミス・パイロット』第1話見ました。フジテレビさんチャライラブドラマにしないでね。 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

今この記事を書いている時点では

10年に1度と言う大型で強い勢力の

台風26号が来てます。

 

東京多摩地区は

今のところ風は強くは無いですが大雨です。

 

さてフジテレビの特番

「IQサプリ」を見た後でテレビをそのままの

チャンネルにしていたら

 

新番組「ミス・パイロット」が始まっていました。

 

 

 

フジテレビさんには申し訳ないのですが

この番組は

まったく興味がわかず試聴するつもりもなかったのです。

 

ただ何となくつけていたのですが

この番組はもしかしたら化けるかもしれませんよ。

 

 

管理人は

主人公の手塚 晴を演じる堀北真希さんの

大ファンと言うわけでもありませんが

 

結局、最後まで見てしまいましたからね。

 

 

管理人も少年時代にパイロットになりたかったのですが

成長していくと事の重大さに逃げた思い出があります。

 

つまり何百人もの乗客の命を預かっている責任の重大さ

と言うものを考えるようになっていったのです。

 

 

それを考えると恐ろしくてパイロットに

チャレンジする勇気は持てませんでした。

 

 

誤解の無いように言っておきますが

自動車や列車などと比べて事故の起きる割合などを比べると

旅客機は非常に安全な乗り物です。

 

ですが万が一、事故が起きた時のことを考えると

ノミの心臓の管理人にはパイロットは無理です。

 

 

ドラマではそれと似たようなことを

相武紗季さん演じる小田 千里が言っていました。

 

 

思わず「そうだよねぇ」って言っちゃいましたよ。

 

 

ところで、

ANA(全日空)が全面協力しているそうですから

しっかりした“リアリズム”のドラマを作ってほしいと思います。

 

 

ところどころコメディータッチの描写があっても

かまわないと思うのですが

 

絶対避けてほしいのは

安っぽいラブコメストーリーにだけはしないでくださいネ。

 

 

特に斎藤工さん演じる主人公・手塚 晴の

指導教官の国木田孝之助と

 

恋愛関係になって行くようなラブストーリーが

“メイン”になるようには

してほしくないです。

 

 

イヤイヤ指導教官を引き受けてんだぞってくだりから

妙に主人公・手塚 晴を小ばかにしている

1話を見た段階でそのおそれを感じました。

 

“最初は馬鹿にしてたけどいつの間にか惚れてましたぁ”

 

って、絶対にいらん話です。

 

 

そんな視聴者を低能扱いしたようなストーリーにしたら

また視聴率落としますぜ!

 

 

そんなくだらん流れにせずに

困難に負けず

女性パイロットと成長していく姿を徹底して

ブレずに描いてほしいと思います。

 

だって、

せっかくANAに全面協力してもらっているのだから

 

一般人が知ることができないような事を

ドラマに織り込んでいけば視聴者の関心も呼ぶでしょうし

 

それでパイロットになりたいと思う若者が増えたり

旅行に飛行機を利用する人が増えたりすれば

 

協力したANAもメリットがあるわけですから

 

 

是非ともチャライ・ラブストーリーにせず、

ちゃんと、

女性パイロット訓練生の成長の物語にしてくださいね。

 

 

2009年が物語の始まりになっていましたから

パイロットの訓練は4年間とドラマでは言っていましたが

 

そうすると4年後はまさしく今・2013年の事になるわけですね。

 

 

現実の世界ではその間、

震災も含めいろんな出来事があったわけですから

 

ドラマに重厚感を持たせることも可能だと思います。

 

 

人が成長していくのに

頑張っている姿を見せるドラマを期待します。

 

 

それでは今日はこのへんで

「お・い・と・ま」

 

 

 

 

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す