Skip to content

ルパン三世 実写化 キャスト ネットではボロクソ 2014年夏に全国公開予定


ルパン三世 実写化 キャスト ネットではボロクソ 2014年夏に全国公開予定 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

前々から噂はありましたが

あのルパン三世の実写映画化が決定いたしました。

 

配役は

 

ルパン三世:小栗旬

次元大介:玉山鉄二

石川五ェ門:綾野剛

峰不二子:黒木メイサ

銭形警部:浅野忠信

 

監督:北村龍平

脚本:山本又一朗(プロデューサー)

 

となっています。

 

ちなみに山本又一朗プロデューサーが

2年がかりで原作のモンキーパンチ氏をくどき

さらに2年かけてオリジナル脚本を書き上げたそうです。

 

 

ところが

早速ネット上では滅茶苦茶な言われ様です。

 

*クソ映画決定

*実写は無理

*わざわざ実写化するな

*黒木メイサの峰不二子はない

・・・などなど

 

 

…ん?…あのぉ~、まだ上映されていませんよね?

 

まだクランクアップすらしていないのにそりゃないんでねぇの?

 

まぁ、ルパン三世はコアなファンがいますから

どうしても原作やアニメとのギャップがありますよね。

 

 

しかし、

配役に関して非難している方々は

どうもアニメと比べられている模様ですが

 

実はルパン三世は原作とアニメでもかなりイメージは違うのです。

 

アニメが原作に近かったのは

1971年放送開始の第一シリーズぐらいです。

 

管理人はリアルタイムでその放送を見て知っていますが

当時かなりアダルトでなおかつストーリーが奇抜で面白く

他に似たアニメは存在しませんでした。

 

そんな第1シリーズが管理人は大好きでした。

 

 

次の展開は読めませんでしたし

不二子は本当にエロティックな悪女

ルパンなんて二枚目でしたからね。

 

今じゃ普段のルパンは完全に三枚目で

不二子は頭の悪そうな美女ですからね。

 

 

したがいまして、このキャスティングから考えて

今回の実写化では原作やアニメの第一シリーズに

近いものになるかもしれませんね。

 

 

むしろそうした方がいいと思います。

下手に現在のアニメのイメージで攻めると

とんでもないことになるような気がします。

 

ファンタジーの度合いを薄めて

ストーリーもゴルゴ13並にリアルな設定にしたら

かなりカッコイイ、ルパン三世ができるような気がします。

 

変えてほしくないのは武器です。

五右衛門の斬鉄剣

次元のS&W M19 コンバット・マグナム

そして、

何と言ってもルパンのワルサ-P38

これだけはお願い致します。

 

 

原作のモンキーパンチさんも主要キャラクターには

しっかりハマっていると太鼓判を押しているということですから

 

来年2014年夏の公開を期待して待ちましょう。

世界に誇れるクール・ジャパンの映画を期待いたしております。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す