Skip to content

高速道路料金の ETC割引 廃止へ、 今年の年末年始はOK


高速道路料金の ETC割引 廃止へ、 今年の年末年始はOK 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

ただ今、高速道路料金は大都市部を除く全国で

平日の昼間(午前9時~午後5時)の3割引きや

 

深夜帯(午前0時~4時)の5割引きがされているのですが

 

いずれも、廃止か縮小されることになりました。

来年2014年4月より新料金になります。

 

*地方路線の平日の昼間の割引は廃止

 

*東京、大阪近郊路線の土日祝日3割引き廃止

 

*深夜帯の割引は5割引きから3割引きに変更

 

*通勤時間帯(午前6~9時、午後5~8時)の割引は

平日に何度も利用する通勤客のみに限定

 

*トラックなどが対象の月間利用額が多いほど高割引率の

大口・多頻度割引は最大3割引きから4割引きに拡充

 

 

となりました。

 

今年の年末年始は現行通りですが

これから一般の利用客は高速は敬遠されるのでしょうね。

 

でも、これは里帰りや旅行に自家用車を利用していた人が

公共のバスや電車を利用する人に変わり、

もしかしたら経済が活性化するのかも?

 

だって、自家用車を旅行のために購入する人は

ほとんどいないでしょうから

 

自動車の販売の増加要因にはならなくとも

販売減少の影響はそんなにないのでしょうし

 

休日や盆・正月の里帰りには電車や飛行機の利用は

増加することが期待できますよね。

 

ただし、ただでも苦しい状況のガソリンスタンドは

どうなのでしょうね。

 

 

さらに言うと高速道路の無料化の約束などは

どうなってしまったんでしょうね。

 

今となっては昔の話ですね。

 

 

もしかしたら

あの帰省ラッシュで毎年ニュースになる

何十キロメートルにもわたる大渋滞は解消されるのでしょうか?

 

あれは移動のための高速道路ではなく

巨大な「駐車場」になっていますからね。

 

考えてみれば渋滞の間に消費されているガソリンは

経済的には無駄な消費だから特殊な期間の

高速道路を“利用させない”手段もありなのかもしれません。

 

 

もっとも今回の高速道路の割引廃止の理由は

その様なことが原因ではなく

 

高速道路会社が年間5000億円、

国が年間4000億円と

それぞれ負担して続けている財源が

今年度末で底を突くためであることが理由です。

 

 

どこもかしこも金がないのねん。

アベノミクスはどこへ行く。

 

 

追伸

土日・祭日や年末年始の割引可能の日時や

ETCの利用に関しては

「ドラぷら」のサイトがとても役に立ちますので

ご存じなかった方は覗いてみてください

 

⇓⇓⇓ドラぷら⇓⇓⇓

http://www.driveplaza.com/dp/ETC

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す