Skip to content

機動戦闘車 の動画を見たけど自衛隊員さん尻餅。乗降大丈夫ですか?(動画あり)


機動戦闘車 の動画を見たけど自衛隊員さん尻餅。乗降大丈夫ですか?(動画あり) 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

先日、

2013年10月9日に防衛省が「機動戦闘車」を報道公開しました。

 

部隊配備は2016年を目標にしているらしいです。

 

開発費は179億円かかっているそうですが

もう少し速やかな乗降ができるように

改良するんでしょうね。

 

だって機動戦闘車から降りるとき隊員さん苦労してましたよ。

なかには尻餅つく人もいたし…

 

⇓こちらがその動画

それにしてもカッコイイ車両ですね。

 

それではカッコいい方のプロモーション動画

⇓⇓⇓

管理人は小学生の頃

 

プラスチックモデルで

戦車を作るのが好きでしたね。

 

特に第2次大戦のドイツ軍の

Ⅳ号戦車やタイガーⅠ型、

パンサーなどは特に好きでしたね。

 

 

戦争など起こらないに越したことはないのですが

それと戦車の“造形美”がかっこいいと思うのは

別問題ですから。

 

 

話を機動戦闘車に戻しますが

 

105ミリ砲を備えています。

 

まさしく戦車がキャタピラではなく

8つのタイヤを履いているような感じです。

 

 

高速道路や一般道ではかなり速いスピードで移動できそうですね。

 

移動が速くても射撃の命中率が悪いと

あまり実用的でないかもしれませんが

そのあたりはどうなんでしょうね。

 

 

ただはっきりしていることは

重量が圧倒的に軽いと言うことです。

 

 

日本国内で開発生産された主力戦車で

第3世代主力戦車と言われている

 

90式戦車(きゅうまるしきせんしゃ)

50.2トンのほぼ半分の約26トンしかない重量です。

 

 

この重さは空輸ができるメリットがあるそうです。

これは圧倒的な機動力です。

 

戦車は重すぎるので

自分で走るか、船で輸送するしかないですから

空輸はスゴイメリットだと思います。

 

 

この機動戦闘車は

時速100キロメートルで自走できるそうですが

 

一時問題になっていた日本の交通法規では

有事の際(戦争中)に敵国が攻め込んできていても

自衛隊の車両は

スピードも信号も道交法を守らなくちゃいけませんでしたからね

 

今はその変な規則に有事の際は縛られないようですから

能力を十分に発揮できそうですね。

 

 

シ・カ・シ

 

原則・戦争は無い方がいい!!

 

 

それでは今日はこの辺で

お・い・と・ま

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す