Skip to content

介護福祉士の仕事内容とは?募集や離職率は?


介護福祉士の仕事内容とは?募集や離職率は? 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

日本の人口構成が高齢化していくと言われて

もう久しいです。

 

 

内閣府の発表で2013年度の日本の総人口に対する

65歳以上の人口の割合は25.1%ということです。

 

 

当然、老齢により身の周りの生活をすることにおいて

不自由をする人も多く増えるわけです。

 

 

その様な中で心強い味方が介護福祉に携わる方々です。

 

自分もそう遠くない未来にお世話になりそうな

管理人も他人事ではなくなってきていますので

 

少し「介護福祉士」について調べてみました。

 

 

まず、「介護福祉士」とは

身体または精神上に障害があり日常生活に支障がある方の

介護を行う人です。また、その資格の名称です。

 

ちなみに

介護福祉士ホームヘルパーとの違いは

 

資格においては

ホームヘルパーは各自治体や厚生労働省が

認定した民間の養成講座を受講すれば、

ホームヘルパー2級の資格を取得することができます。

 

 

一方「介護福祉士」の方は

*厚生労働大臣が指定する養成施設を修了し登録名簿に登録する

 

*介護実務経験3年以上で介護福祉士国家試験に合格し登録名簿に登録する

 

*高等学校又は中等教育学校(それぞれ専攻科を含む)において、福祉に関する所定の教科目(若しくは科目)及び単位数を修めて卒業し介護福祉士国家試験に合格し 登録名簿に登録する。

 

 

のいずれかになっています。

 

なお資格取得を希望する全ての者は

平成27年度(第28回)国家試験から

筆記試験(マークシート形式)を受験しなければなりません。

 

 

つまり、「介護福祉士」は国家資格なのですね。

 

 

しかし、実際の現場では仕事内容に

介護福祉士もホームヘルパーもほとんど変わりはないようです。

 

基本的に「介護福祉士」と言う名前が介護の仕事をする人物である

事を認識しやすくしている「名称独占」なだけで

「業務独占」ではありません。

 

 

したがって、

介護福祉の仕事は「介護福祉士」だけができると言ったものではなく

ホームヘルパーの方もできると言うことです。

 

 

仕事内容は体が不自由な方への

入浴、食事、排泄、着替えなど生活に必要なケアを主に行います。

 

 

管理人は思うのですが

人は体が不自由になっても精神活動は活発に行っている場合

 

他人に

「排泄の世話」してもらうのは面倒を見てもらう本人にとって

とても精神的な負担になるのではないかと。

 

こういったことからも

心のケアも十分に心得た対応も要求されますよね。

 

 

「介護福祉士」の資格を習得し、

介護の仕事についても1年間の離職率が20%というのは

この仕事を続けることの難しさを感じます。

 

 

労働形態や労働収入ももっと改善していくような

政策が国を始めとして各自治体がもっと支援していく

必要があるようです。

 

 

介護福祉の仕事は人とつながり助け合う

崇高な職業です。

 

 

そして当然多くの人、地域に必要とされている

募集が多い仕事です。

 

 

その仕事に就く方がボロボロになるような環境だけは

絶対避けていかなくては

高齢化社会を迎える日本に未来は無いように感じる次第です。

 

 

それでは今日はここで

「お・い・と・ま」

 

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す