Skip to content

ジャスティン・ビーバー、次のアルバムで引退発言 クリスマスへ向けての話題作り?


ジャスティン・ビーバー、次のアルバムで引退発言 クリスマスへ向けての話題作り? 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

ビックリしましたねぇ。

 

ジャスティン・ビーバーが突然の引退宣言。

 

ロサンゼルスのラジオ局Power 106の

ラジオ番組

「ビック・ボーイズ・ネイバーフッド」

(Big Boy’s Neighborhood)

の収録時に突然

「次のアルバムを出したら引退する」とコメントしました。

 

⇓⇓その時の録画動画⇓⇓

 

短い動画ですが最後に音楽を止めたいと言っていますね

 

次のアルバムって言ったら

今年の12月23日にリリースされる

「ジャーナルズ」なのですが

 

ファンへのクリスマスプレゼントが

“ニューアルバム”“引退”ってあまりにも

無茶苦茶な気がするのだが…

 

さらには

ドキュメンタリー映画

「ジャスティン・ビーバーズ・ビリーヴ」

(Justin Bieber’s Believe)

も12月25日に全米で封切りなのですが

まさか、引退後に映画の封切ですか?

 

お金は稼ぐだけ稼いだから

最後の話題作り?

 

ただ単純に周囲をからかっただけ?

 

来年3月で20歳ですが十代で引退したかったのですか?

 

「?」マークいっぱいの引退宣言です。

 

ジャスティン・ビーバーは

もともとお騒がせが多いミュージシャンですが

 

今年2013年も終わりにかけて11月・12月は

何かに憑りつかれたかのように

トラブルに拍車がかかっていたようです。

 

 

11月24日以降

 

*オーストラリア、ブリスベンの空港税関で

ジャスティンの同行者の一人が大麻を所持していることが発覚。

ドラッグの密輸の罪で罰金を払う。

 

*コンサートで来ていたオーストラリアで

宿泊したホテルの壁に落書き。

その件でゴールド・コーストのトム・テイト市長におしかりを受ける

 

12月11日の報道

*コンサートで来ていたオーストラリアのパースにある

ホテルのプールにおいて

ジャスティンがファンのビキニ姿の女の子に対して

「きみって打ち上げられたクジラみたいだ」

 

その言葉に対して女の子が

「それ、本気で言っているの?」と問うと

 

ジャスティン、さらに畳み掛けて

「“The Biggest Loser”に出るべきだよ」

ちなみにThe Biggest Loserは米国の番組で

出演者がダイエットの成果を競うものだそうです。

 

12月12日

*「4 the haters(自分を嫌うやつらへ)」のタイトルで

ジャスティン・ビーバーが

両手の中指を突き立てたポーズの写真をオンライン公開

 

12月14日

*ジャスティン・ビーバー自宅パーティにおいて

アルコールで女性が意識を失い緊急通報

 

何だか自棄になっているんですかねぇ?

 

管理人の持論で

“ミュージシャンは音楽で勝負してナンボ

そのほかの事は取り返しのつかない犯罪でもない限り

好きにしたらええがな“

 

なのですが、

引退したら音楽の勝負も出来んのですなぁ。

惜しいことです。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す