Skip to content

フジテレビやらせ番組「ほこ×たて」しばらく放送中止。懲りない制作現場の事故あれこれ


フジテレビやらせ番組「ほこ×たて」しばらく放送中止。懲りない制作現場の事故あれこれ 

 

こんばんは

管理人の多摩です。

 

 

今日

2013年10月24日夕方のニュースで。

 

フジテレビの人気番組「ほこ×たて」が

しばらく放送中止になるそうです。

 

ものすごく大好きな番組で

毎回欠かさず見ていたのに、残念です。

 

事の発端は

2013年10月20日の2時間スペシャル放送の

「ほこ×たて」

 

その中の企画のひとつで

「どんな物でも捕らえるスナイパー」

「絶対に捕らえられないラジコン」の対決がやらせだったということです。

 

そもそもスナイパー側の反則によるトラブルで

試合が成立していなかったそうです。

 

 

なおかつ対決の順番もラジコンボートから始まり

ボートですでにラジコン側の3連勝で勝負が決まっていたにもかかわらず

 

付録でつけたラジコンヘリとラジコンカーが

先に勝負があったように見せ

 

スナイパーの順番もつじつまが合わなくなるので

ごまかして放送していたとのこと。

 

やらせと言うより“だます気満々”の作り事でした。

 

 

ラジコンカーで対決に関わった

広坂正美さんは制作会社に対して

 

「反則した相手が負けになるのであればまだ納得出来ますが、もしこの内容で放送された際には、事実を発表します」と忠告していたそうです。

 

 

それで結局、告発されたって訳です。

しかも、動物虐待の疑惑つき

 

これはもうフジテレビ及び制作会社は放送倫理も

何もあったもんじゃないのですね。

 

 

ニュースやドキュメンタリーの報道での

やらせや架空の創作事は何ひとつ絶対に許せませんが

 

バラエティー番組でのやらせは

許されるものと許してはいけないものがあるように思います。

 

 

事実では無い架空の物語を作っているとき

一般のドラマでも番組最後に

「このドラマはフィクション(創作)であり会社名及び登場人物は実在の物ではありません」

 

のようなことわりがつきますよね。

 

つまり、

あの「ほこ×たて」が対決を演出した創作ドラマだったら

 

最後に“フィクションです”のお断りのフリップボードを

だせばそれで済みます。

 

 

でも、

じっさいの「ほこ×たて」は

ドキュメンタリーエンターテイメントとでも言いましょうか

 

“実際にこの二つが対決したらどうなるんだろう?”

と言った「ノンフィクション」なのです。

 

 

これを忘れて“筋書きがある”対決にしてしまったから

問題なんですよね。

 

見ている側は騙されたと思うわけです。

 

 

簡単なたとえ話をすると

ミスターマリックが「ハンドパワーです」といって

 

マジックをさも超能力のように言っても

視聴者は「超能力じゃないじゃん。ダマサレタ―」

なんて言わんのです。

 

最初からわかっていて

「うわっ、不思議~~」って騙されることを楽しむのです。

 

 

映画「パラノーマルアクティビティー」のように

さもノンフィクションドキュメンタリー心霊番組のように見える

 

ウソの作り話でも登場人物に感情移入してそれを

楽しむのです。

 

これは許される「やらせ」と言ってもイイでしょう。

 

 

制作のプロがそれを知らない、

分からないはずはない・・・はずなのですが

 

こういう演出、またはストーリーだったら

おいしいからって、

勝手な創作と言う

毒薬をいれて食べられない(視聴者に受け入れられない)

作品を作ってしまったんですね。

 

 

「ほこ×たて」は素材だけで充分面白いのに・・・

 

 

ちなみにフジテレビは6月13日の「めざましテレビ」で

コーナーの「ココ調」で意図的な操作をしていたことに

謝罪したんじゃなかったっけ?

 

 

過剰な演出で無理やり作りこもうとすると

事故にもつながるように思うのですが

 

 

フジの制作現場の事故

 

*1993年バラエティー番組出演者

『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』の収録中事故で死亡。

 

*1998年『めざましテレビ』の生放送中

アナウンサー菊間千乃がマンション5階の窓から落下。

全治3か月の重傷。

 

*2003年 深夜番組『退屈貴族』に出演した素人に

灯油を振りかけた藁に火を付け、火渡り。

下半身に大ヤケドを負わせ、その後そのやけどが原因で死亡。

 

*2012年『とんねるずのみなさんのおかげでした』の企画で

お笑いコンビずんのやすが新潟県内のスキー場での収録中の事故で

腰の骨を折る。

 

 

やらせも事故も原因は過剰な演出

と言うところにあるような気がしますが

いかがでしょうか?

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す