Skip to content

ファーストクラス2 第5話 感想 スポ根へと方向転換?


ファーストクラス2 第5話 感想 スポ根へと方向転換? 

 

毎度どうも

管理人の多摩です。

 

 

ファーストクラス2 第5話の感想です。

 

今回第5話から何だかファーストクラスは

スポ根物語のような雰囲気になってきました。

 

 

大きく方向展開したのでしょうか?

 

 

いわゆる今までのマウンティングと言うものが

ただの足の引っ張り合いのような様相でしたから

 

確かに現実の世界でも多くあることかもしれませんが

現実ではどこか歯止めがかかってあり

 

テレビドラマのように

自分の未来も無くなるような

そんな馬鹿なことしないよって

思えることもあります。

 

 

 

ファーストクラス2 第5話では

心の中ではお互いにいがみ合いながらも

 

一つの大きな仕事をなすために

各自が自分の本来の能力を発揮して

力を合わせようとします。

 

 

スポ根ものでお互いに馬は合わないが

試合に勝つためにチームメイトとして力を

合わせるような雰囲気と似てきました。

 

 

基本的に日本人はバラバラだった者達が

目的のために力を合わせるようなドラマが好きですから

ドラマもこのような方向でイイのだと思います。

(管理人としてはシーズン1のような雰囲気が好きなのですが・・・)

 

 

チーム・TATSUKO YANOの

その主将と言うか、キャプテンと言うか、学級委員長が

吉成ちなみ(沢尻エリカ)と言う感じです。

 

20141113_161210_0

 

 

ちなみに“学級委員長”はもろにドラマの中で

廣木リカ(木村佳乃)に吉成ちなみが

直接指名されていた言葉ですね。

 

 

それと、廣木リカは

日本のファッション界を世界に誇れるものにすることが

目的のようです。

 

 

こうなってくるともう

“悪女”が何たらって言うことは

どうでもよくなってきそうな気がしますね。

 

 

おかげさまでTATSUKO YANOの社員が

様々な“コスプレ”をしてくれます。

 

人事異動でいろんな部署に飛ばされて

その制服の似合うこと。

(元が良いからでしょうけど…)

 

 

“ちなみ”さんは「社長秘書」になってくれていました。

(秘書だからメガネってどうなの?)

 

 

もしかして、これって男性視聴者サービス?

 

 

さて次回は

せっかくTATSUKO YANO JAPAN

の新企画が発表できるかと言う時に

またしてもひと問題が起きたようです。

 

 

川島ナミ絵(シシド カフカ)の土下座で終わるなんて・・

とんでもないことになりそうです。

 

あっ、そうそう

あのシーズン1のトップモデルのERENAさんが

イヤな女として帰ってきていました。

 

20141113_161829_0

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す