Skip to content

F1オーストラリアGP リカルド失格 レッドブルさん、それは違うんじゃないの?


F1オーストラリアGP リカルド失格 レッドブルさん、それは違うんじゃないの? 

3月16日に決勝があったF1オーストラリアグランプリ

 

優勝はメルセデスのニコ・ロズベルグが

自身4度目の優勝を決めました。

 

KIMG0033

 

 

2位にはレッドブルで地元オーストラリア人のダニエル・リカルド

3位にはマクラーレンのケビン・マグヌッセン

 

 

しかし、レース終了5時間後

 

リカルドの2位フィニッシュが無かったことに・・・

 

KIMG0032

(2位の表彰台が・・・表彰台左)

 

つまり、

レッドブルのダニエル・リカルドはレギュレーション違反で失格。

2位結果の剥奪となりました。

 

その結果

1位 ニコ・ロズベルグ

2位 ケビン・マグヌッセン

3位 ジェンソン・バトン

 

今年からF1では燃料のエンジンへの流入が

1時間あたり100kgまでとなっています。

 

その量を測定する燃料流入量測定器(フューエル・フロー・センサー)

と言う装置をFIA(国際自動車連盟)から

各チームに提供されるのですが

 

その装置のセンサーとしての信頼性が無いとして

レッドブルはレース中にFIAの機器を

使用していませんでした。

その結果、失格となりました。

 

 

ドライバーはたまったもんじゃないですよね。

リカルドには何の過失も無いのですからね。

 

 

Rブルはテスト段階からFIAの装置が

自チームが使うエンジンに実際に

流入している燃料の測定するセンサーと

異なる測定値を出していて、

 

しかも流入量の表示が安定していないとして予選の段階から

FIAともめていたそうですね。

 

だからFIAの提供装置は使わないって・・・

 

最初からレギュレーション違反なわけですから

失格確定状況でレースしていた訳ですか?

 

そんなこととはつゆ知らず

視聴者はレースを見ていた訳ですよ。

 

「ヤッタ―!ダニエル母国GPで表彰台だぁ。」

なんて思っていた訳ですよ。

 

KIMG0035

(オーストラリア人でF1ワールドチャンピオンの

アラン・ジョーンズ氏も祝福してくれていましたのに・・・)

 

視聴していたF1ファンもかなわんです。

 

 

危機の信頼度に異議ありならその対応は

F1参加チーム全体でFIAにたいしてやるべきでしょう。

 

自分とこだけ違うものを使いましたって

ダダこねているのと変わらんです。

 

他チームは同じ規定でレースに臨んだわけですからね。

 

 

今回の裁定にレッドブルのクリスチャン・ホーナーは上訴し

それが成功すると思っているようですが

 

それが通ったら今度はレギュレーション通りにして

レースに臨んだ他チームが黙ってないでしょう?

 

確かに信頼が置けない装置で走れば

レース展開が不利になるのですが

それは他チームも同じことですよね。

 

その結果、レースがチームの実力に寄らず

運・不運に左右されるような

バクチ状態になるのはF1ファンとしても望むものではありませんが

 

FIAの燃料流入量測定器がダメならダメで

データをちゃんと集めて

法廷闘争として別の場所でやって

 

とりあえず実際のレースではレギュレーションを守って

走りましょうよ、レッドブルさん。

 

 

 

2014年オーストラリアGP F1ポイント

ドライバー

N・ロズベルグ    25ポイント

K・マグヌッセン   18ポイント

J・バトン      15ポイント

F・アロンソ     12ポイント

V・ボッタス     10ポイント

N・ヒュルケンベルグ  8ポイント

K・ライコネン     6ポイント

J-E・ベルニュ     4ポイント

D・クビアト      2ポイント

S・ペレス        1ポイント

 

 

コンストラクター

マクラーレン    33ポイント

メルセデス     25ポイント

フェラーリ     18ポイント

ウィリアムズ    10ポイント

フォースインディア  9ポイント

トロロッソ     6ポイント

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す