Skip to content

南極海調査捕鯨中止!日本近海の捕鯨は禁止にしてくれるなって思うよ


南極海調査捕鯨中止!日本近海の捕鯨は禁止にしてくれるなって思うよ 

毎度

管理人の多摩です。

 

 

オーストラリアから日本に対して訴訟を起こされていた

調査捕鯨差し止め問題で

 

オランダ・ハーグの国際司法裁判所は2014年3月31日に

日本の南極海調査捕鯨の差し止めの判決を下しました。

 

日本のマスコミでは

“予想以上に厳しい判決”と言う報道がされていましたが

 

管理人は今回のような判決に遅かれ早かれなるんじゃないかって思いました。

 

日本から遠く離れた南極海まで出て

クジラを取りに行くのですから

周辺の反捕鯨国にしてみれば気分悪いんでしょうね。

 

 

“調査”捕鯨と言うことでクジラを捕獲することを

国際ルールにのっとって合法的に行っていたのですが

今回は南極海調査捕鯨それ自体の差し止めの判決が出てしまいました。

 

科学調査のため例外的に捕鯨を行うことは否定されていないのですが

今回の判決では

日本の南極海調査捕鯨は科学調査じゃないって事です。

 

国際司法裁判所は一審制で

控訴は認められていないので今回の判決が確定すると言うことです。

 

こう言った判例が出たって事は今後、

日本の北西太平洋での調査捕鯨も

きっと反捕鯨国は封じ込めに出るでしょうね。

 

 

世界の中での日本と言うことで

国際ルールにのっとり

日本は国際司法裁判所判決に従うのですが

 

将来的に

年間捕獲数量が限定されてでも

日本近海や日本の排他的経済水域もしくは

 

もっと範囲を狭めたとして

せめて日本領海内の捕鯨は禁止にしてほしくないですね。

 

 

各国や地域で食文化と言うものはあるわけで

クジラを食べることができる場所が

もしくは捕鯨で生計を立てることができる地域が

 

日本の限定的な地域で

認められるようにしていただかなくては

反捕鯨国の論理を押しつけただけですよね。

 

 

たとえば

和歌山県の太地町での

イルカ漁に対する海外の動物愛護団体の

妨害工作やネガティブキャンペーンなどは

 

一国の主権を侵す

犯罪行為として問答無用で容赦なく

刑務所に送り込むことぐらいは許してもらいたいですな。

 

イルカの自然生体数の保護も科学的な論証も無く

西欧の偏った感傷的な気分で

 

地域住民の生活手段を奪うような横暴傲慢を

許してしまっている状況は

何としてでもなくしてもらわんといけないでしょう。

 

 

“日本では多少好き勝手やっても大丈夫だ”

って感覚で外国人がイルカ漁を邪魔する。

 

日本が紳士的で優し過ぎるから

ほとんど売名行為状態の偽動物愛護者が作る

筋の通った理屈も何もない動物愛護団体が

 

無責任で好き勝手な行動をして

甘えているだけでしょう。

 

 

これからも続く歴史の中で

日本人の食生活も変化していくでしょうが

鯨肉を食す食文化を細々とでも継承していく選択肢までも

断ってしまうことは納得いきません。

 

 

そう考えると

北西太平洋での調査捕鯨を自主的にやめて

しかし、自国内の捕鯨は外国に口出しを一切させない

と言ったような

 

先手を打っておくこともありなのかもしれませんね。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す