Skip to content

クリスマスローズの花言葉「中毒」・「発狂」・「スキャンダル」のなぜ?


クリスマスローズの花言葉「中毒」・「発狂」・「スキャンダル」のなぜ? 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

12月に入りクリスマスイベントの声も聞かれ始めましたね。

 

クリスマスの時期に花を咲かせる

「クリスマスローズ」

 

名前の通りクリスマスの時期に

バラ(ローズ)に似た花を咲かせることから

名づけられています。

 

 

いきなり名曲スカボローフェアの美しい調べと

クリスマスローズ動画のコラボを見つけましたので、どうぞ。

しかしながら

このクリスマスローズ

日本で多く出回っているものは

 

2~3月に花を咲かせる

ヘレボラス・オリエンタリス

英名がレンテンローズと呼ばれるものです。

 

bandicam 2013-12-03 14-31-34-318

(ウィキペディアより)

 

レンテンローズは色彩豊かな花を咲かせます。

(もっとも花弁のように見えるのはがくですが)

 

 

本来の12月に開花するクリスマスローズは

ヘレボラス・ニゲルという白い花です。

 

bandicam 2013-12-03 14-30-34-927

(ウィキペディアより)

 

さてその花言葉ですが

たくさんあります。

 

*追憶

*私を忘れないで

*思い出を懐かしむ

*私の不安を取り除いてください

*慰め

*私の心を求めて

*私の心を慰めて

*私の心配をやわらげて下さい

*私を安心させて

 

この辺りは花言葉らしいなぁと思うのですが

さらに、花言葉がありまして

 

*中傷

*誹謗

*中毒

*悪評

*発狂

*スキャンダル

 

何じゃそりゃ?(-_-;)

 

スゲー、なんちゅうネガティブ。

 

それじゃなんですか、

クリスマスローズをプレゼントされたら

花言葉は「発狂」を贈られたのですか?

 

なんとも凄まじい。

 

だいたい学名のヘレボラス(Helleborus)からして

ギリシャ語の「地獄」に由来するそうです。

 

何と言う過酷な名前を持った花だ。

 

 

そこでこの花を少し調べてみたのですが

「中毒」とか「悪評」とかは

この植物クリスマスローズが葉・根茎に毒を持つからだと思われます。

 

さらに「発狂」はその毒により、

めまいや精神錯乱を起こすことからきていると思います。

 

 

「誹謗」・「中傷」・「スキャンダル」

クリスマスローズからとった毒が

堕胎薬などに使われていたことが原因じゃないかと

勝手に推測しています。

 

つまり、不義の子を身ごもり堕胎などをしてしまうと

「誹謗」・「中傷」・「スキャンダル」に

見舞われてしまったのではないかと・・・勝手な推測ですが。

 

 

何とも美しい花とは似つかわしくない花言葉の

原因は植物に含まれる毒の使われ方にあるように思えました。

 

この際、花言葉は無視して花の美しさを愛(め)でましょう。

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す