Skip to content

音楽

IKE脱退ツイート SPYAIRの“現状ディストラクション?”

 

毎度どうも

管理人の多摩です。

 

ロックバンドのSPYAIRのヴォーカリスト

IKEさんが5月21日8:01のツイートで

 

“SPYAIRを辞めます!”

 

とありました。

⇓ ⇓ ⇓

bandicam 2014-05-21 13-56-02-055

 

 

さらに「誰とも相談していない」とのことですので

メンバーも知らないと言うことですよね?

 

まさしく突然の脱退宣言と言うことです。

 

 

何があったんでしょうね。

 

 

所属事務所やSPYAIRの 公式ウェブサイトからの

現時点(5月21日14時)で発表はありません

 

 

UZさんは13:51のツイートで

「絶対に諦めないから。」

 

 

KENTAさんは13:59のツイートで

「メンバーとファン、スタッフの皆を守れない俺はバカだ。

こんな所で終われないよな。

心配かけてゴメンな!

メンバー全員諦めてなんかないからな!」

 

とありましたので

 

IKEさん以外のSPYAIRのメンバーは

IKEさんの脱退を全く認めていないと言うことなのでしょう。

 

これはよくあるメンバー間の

音楽性や活動の方向性の違いと言ったことよりも

 

もしかしたらIKEさんの健康上の問題なのかもしれませんね。

あくまでも管理人の勝手な推測ですが・・・

 

 

音楽性の違いからのバンド脱退なら

IKEさんが誰にも相談せずにツイッターで

突然発表なんてしないでしょうし

 

メンバーも「諦めない」などと言う表現はしないでしょう?

 

しかも、KENTAさんの

「メンバーとファン、スタッフの皆を守れない俺はバカだ。」

と言う部分がとても気になります。

 

 

管理人の憶測にすぎませんが

メンバー間の音楽性の違いや不仲ではなく

5月の初めに

IKEさんの「急性気管支炎」による

病気の治療のためにライブ公演の延期をしてしまったことなどに

IKEさんが一人で悩んで

ご自身を追い込んでしまっていたのかもしれません。

 

責任感が強ければ強いほど

ファン、メンバー、スタッフに迷惑をかけたと

強く思ったりします。

 

現時点では何が理由なのかは分かってはいませんが

もしも、本当にもしも、健康理由によるものでしたら

「現状ディストラクション」からの

日が浅い

いちファンではありますが

ひと言、申し上げたいです。

 

これから先、

未来にIKEさんがいるSPYAIRの音楽を

ファンに届けることの方が

責任を感じてバンド脱退することより

てんで比較にならないくらい大きく重要だと思いますよ。

 

 

“脱退”って

IKEさんがいるSPYAIRの

“現状ディストラクション”になってしまいます。

 

IKEさんの健康が回復し

広島でライブをやったばかりですよね。

音楽の方向性の違いではないのなら

脱退をファンは絶対望みません。

 

このニュースはこの先が気になります。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

追記

 

5月21日夜

SPYAIRの 公式ウェブサイトにおいて

IKEさんのツイートに関しての発表がありました。

 

「本日のIKEのツイートは、

ボーカリストとしての責任の重大さと、

病状が悪化したことによる理由からのものであり

 

今後のSPYAIRの活動については

IKEの回復状況を診つつ、

改めて当サイトにて報告いたします。」

 

上の内容でした。

 

また「声帯ポリープ」「急性声帯炎」を併発しているとも

ありました。

 

やはり、そうだったんですね。

IKEさんの健康上の理由だったんですね。

 

23日以降のライブも中止にしなければいけない

状況に一人で責任を感じていたんでしょうね。

 

 

いまは健康を取り戻すために

しっかり療養したらいいと思います。

 

“健康上の理由でライブを中止にしやがって、ゆるさねぇー”

なんて言うファンはいませんよ。

 

“健康上の理由で「責任」を感じての脱退はゆるさねぇー”

ってファンはギョウサンいますよ。

 

スポンサード リンク