Skip to content

バカッターがやらかしたバイトテロの都市伝説ってなんか真実味があるなぁ。の巻


バカッターがやらかしたバイトテロの都市伝説ってなんか真実味があるなぁ。の巻 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

12月27日の金曜日にテレビ東京で放送された番組の

「やりすぎ都市伝説2013信じるか信じないかはアナタ次第」

録画を見ていたら

チョット空恐ろしい話がありました。

 

都市伝説と言うと

心霊、妖怪、オカルト、予言、超能力、UMA、UFO、秘密結社、などなど・・・

色々ありますが基本的に話のネタぐらいに聞いていればよいのでしょうが

 

この日の番組の

オリエンタルラジオ・中田 敦彦(なか あつひこ)さんが話された

政財界を牛耳る生粋の慶応ボーイの話や

 

サンドウィッチマン・富澤 たけし(とみざわ たけし)さんが話された

闇バイトの話での今年話題になったバカッターがらみのバイトテロ

もしかしたらあるかもしれないと

何だか真実味がありました。

 

KIMG0020 (2)

 

話のおおまかな内容は

”闇バイト”というものがあって

 

いわゆる”振り込め詐欺の出し子”や”違法薬物の売買”など

法に触れるバイトさんを闇サイトで募集して

犯罪の最前線で実行させるのですね。

 

その闇サイト中でバイトを雇い

標的の店へアルバイト店員として忍び込ませるのです。

”ブラック派遣”と言うやつだそうです。

 

そこで

店に勤め始めて”ろくでもないこと”をしでかして

その店の信用を落とすのです。

 

雇う側は履歴書や面接では見抜けない部分ですので

雇ったら最期、とんでもない未来が待っているのです。

 

そういった話の内容でしたが

今年ツイッター投稿で炎上した

「コンビニのアイスの冷凍庫の中で寝そべっている写真」

「蕎麦屋の大型食器洗浄機にバイトが入っている写真」

「ピザの生地を顔に載せた写真」、などなど。

 

上の出来事も

もし、このようなことが裏に本当にあるのなら

もしかしたら犯罪者側にとっても

想定以上の事だったのかもって思いました。

 

ツイッターの情報拡散力は凄まじいものです。

 

実際にコンビニ店は閉鎖になったり、

蕎麦屋さんは3000万円以上の負債をかかえてつぶれましたよね。

 

ちなみに蕎麦屋さんのバイトに至ってはツイッター投稿だけでなく

普段の接客態度も酷くて

近所のお店からも蕎麦屋店長さんは同情されていたらしいですよね。

(でもバイトがそんなに酷かったら何でさっさと首切らんのかねぇ?)

 

犯罪者側がターゲットの信用を落とすぐらいに思っていたのが

予期しない店をつぶすところまで行ったのなら恐ろしいことです。

(信用を落とされるのもふざけんなってぐらいたまらんのですが・・・)

 

こういったことが実際に存在したらと言う仮定での話ですが

バイトテロの実行者はその店での首を切られるぐらいで

前もって別の闇バイト料をもらっているからいいやってぐらいの

軽い気持ちでやっているなら

後でかなり痛い目を自分一人で負うことになると思ったほうが良いですよね。

 

だって裏で雇った犯罪の元締めは

どうせ名前も住所も何もかも虚偽で、

現金を先に渡していてその後連絡も取れないようにするはずですよね

 

ただ、闇バイトの子がちゃんと悪事を実行しているかどうかは

監視しているぞみたいなことは言っていると思いますが。

 

そして残された闇バイトの子は巨額の賠償請求と

その後の社会的信用を無くすのでしょうね。

 

くれぐれも闇バイトなんてやめときましょう

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す