Skip to content

Monthly Archives: 1月 2014

STAP細胞を理化研の小保方さんのチームが発見。やっぱり日本は技術立国で行こうよの巻

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

1月30日のニュースに

「神戸市にある

理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターの

研究ユニットリーダー・小保方晴子(おぼかたはるこ)さんを

中心とするチームが「万能細胞」を今までと異なる

簡単で安全性も高い手法で作り出すことに成功しました。」

とありました。

 

今のところその手法はマウスの段階ですが

これが人間でもできるようでしたら

再生医療に明るい未来があるように思います。

 

今回の新手法で作られた万能細胞は

STAP細胞と名付けたそうです。

 

SMAPでもなければSTAMPでもありません。STAP細胞です。

 

ちなみにSTAPとは

「刺激惹起性多能性獲得(しげきじゃっきせいたのうせいかくとく)」

の英訳の頭文字をとったものです。

 

小保方さんはまだ30歳なんですよね、凄いです。

 

20代半ばにはすでに今回の研究の発想を持っていたそうですが

あの世界的に有名な科学誌ネイチャーに酷評された過去があるそうです。

 

2011年にSTAP細胞からできた細胞を持つマウスを誕生させたうえで

その論文をネイチャーに投稿したところ

「何百年の細胞生物学の歴史を愚弄している」とまで言われたそうです。

 

・・・ひ、ひどい言われ様です。

 

しかしながら、くじけずに笹井芳樹・副センター長の

協力のもと今回の快挙へとつなげました。

 

 

万能細胞はiPS細胞(人工多能性幹細胞)やES細胞(胚性幹細胞)

がありますが

 

これまでの万能細胞は

細胞の核に遺伝子を組み込んだり(iPS細胞)

受精卵を利用したり(ES細胞)と

細胞のがん化の危険や倫理的な問題をかかえていました。

 

そう言った操作をせずに一般の細胞で

なおかつ比較的簡単な手法で万能細胞を作れたのですから

独創的で画期的です。

 

嬉しいのは日本でこう言った“独創的”科学技術が

生み出されていることですよね。

 

30年、40年ぐらい前の日本では

どこかの国で基本的な技術の発見をしたものを

応用発展させたことは得意だが

 

根本技術の創造や現象の発見は苦手にしていましたからね。

 

今はエネルギーや環境・省資源に関する

グリーンイノベーション分野における特許出願状況なんかは

日本はすごいものがあります。

 

bandicam 2014-01-30 20-54-30-263

グリーンイノベーション関連技術の出願人国籍別特許公開件数推移

(日米欧中韓での公開、公報発行年:2006年から2012年)

(特許庁ホームページより)

 

 

日本はスゴイのです。

やっぱり、

日本と言う国は技術立国で生きていかんとね。

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

スポンサード リンク