Skip to content

2013年末ジャンボ宝くじ発売期間 あなたはどんなゲン担ぎ


2013年末ジャンボ宝くじ発売期間 あなたはどんなゲン担ぎ 

 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

 

今年も11月となり残すところ2か月足らず。

 

いよいよ発売、651回年末ジャンボ宝くじ。

 

 

発売期間は

2013年11月 22日から2013年12月 20日までです。

 

抽選日は当然ながら大みそかの

2013月12月31日

 

 

 

今年は1等5億円と前後賞1億円×2を合わせると

7億円!

 

 

最近金額自体がロト7の最高8億円や

BIGTOTOの6億円やらで影が薄くなりつつあった

 

ジャンボ宝くじですが

当せん金の最高倍率が250万倍に

引き上げられるように法律が改正されたため

 

昨年は6億円、そして今年は7億円になったのですが

1枚300円の250万倍は7億5000万円ですよね

 

 

つまり1等だけでも7億5千万円にできるんです。

 

さすがに急にあげると射幸心をあおりすぎると言うことですかね。

 

 

宝くじは良く

夢を買うと言いますが

 

実際そうですよね。

当たったら何に使おうなどと考えるのが楽しいんですよね。

 

 

実際にあたる確率は

1ユニットにつき1千万枚の販売に

1本の1等だと1千万分の1と言うことになるのです。

 

 

たとえ話で米俵1つの内の米粒1つの割合だと言います。

 

 

さて、夢を買う宝くじですが

 

“当たりますように”って

 

いろいろゲンを担いだりしますよね。

(これも楽しいのです)

 

 

皆さんいろいろあるようです。

 

*記念日に買う

 

*大安に買う

 

*よく当たると言われる売り場で買う

 

*笑顔が絶えない売り子さんから買う

 

*風水などで縁起のいい方角で買う

 

*財布の中のお札をきれいに同じ向きにそろえておく

 

*購入まで一切の娯楽を断つ

 

*ご利益があると言われる神社にお参りして買う

 

*トイレを常にきれいにしておく

 

 

・・・などなど

 

 

他にも買う人の数だけ

ゲン担ぎがあるのかもしれませんね。

 

 

“一切の娯楽を断つ”なんて

ほとんど修行僧みたいですね。

 

 

 

ところで、ゲン担ぎの流れで

宝くじを購入した後で

保管する場所にもこだわりがあったりしますよね。

 

 

 

みずほ銀行が調べた

2011年度版『宝くじ白書』によると

 

1千万円以上の高額当せん者の購入後の保管場所は

『机の引き出し』が最も多く

 

次に『神棚・仏壇』、

さらにその次が『カバン・ハンドバッグ』だそうです。

 

 

 

あっ、

最後にハズレ券は次の年の9月2日(くじの日)まで

保管してた方がいいですよ

 

ハズレ券の中で

もう一度抽選がありますよ。

 

 

案外購入場所よりも

保管場所の方が当選に大事だったりするのかも?

 

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す