Skip to content

2013紅白歌合戦 やっぱり[あまちゃん]鈴鹿ひろ美は歌がうまかった。の巻


2013紅白歌合戦 やっぱり鈴鹿ひろ美は歌がうまかった。の巻 

こんばんは

管理人の多摩です。

 

年末番外編です。

今年の紅白歌合戦を見ていて

何だか日本が少しずつ元気になってきているような気がしました。

 

福島の子たちのビデオを見た後で

涙で言葉にならない綾瀬はるかさんに思わずもらい泣き。

 

歌は被災直後にはほとんど意味をなさなかったかもしれませんが

未来に向けて歩み始めた人たちには

大きな大きな意味を持つものなのですね。

 

あまちゃんが今年放送されたのも運命のようなものですかね。

 

そのあまちゃんで”歌がド下手”、

 

あっ、違った

 

きわめてうつろいやすい音程の持ち主であった

”鈴鹿ひろ美”さん。

(あまちゃんである間は薬師丸ひろ子さんではありません。あくまでも鈴鹿ひろ美です)

 

奇跡の歌唱が年の締めくくりで復活しました

クドカンの事だからてっきり、

 

天野 アキ(能年玲奈)、足立 ユイ(橋本愛)の潮騒のメモリーズから

天野春子(小泉今日子)、

そして鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)と

バージョンが異なる歌で『潮騒のメモリー』をリレーした時

 

鈴鹿ひろ美で笑いを取りに行ったりするんじゃないかと

内心ひやひやしていました。

 

正統派で鈴鹿ひろ美さんに歌わせていただき

ありがとうございます。

やっぱり鈴鹿ひろ美は歌がうまいのです。

 

良かったよかった。

 

紅白歌合戦ですから

妙な笑いは取らなくてもいいですよね。

 

番外編でした。

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す