Skip to content

1300年カレー ってどんな味なんだろう。うまいかどうか、そこが問題だ


1300年カレー ってどんな味なんだろう。うまいかどうか、そこが問題だ 

 

こんにちは

管理人の多摩です。

 

「1300年カレー」ってごぞんじですか?

 

たまたまネットで見つけたのですが

最初は

「1300年カレー」って、何かの遺跡でみつかったのか?

と、思っていました。

 

さにあらず。

 

創作薬膳カレーの名前だそうです

 

bandicam 2013-12-17 21-26-36-742

 

現在の食材ではなく1300年前に手に入れることができる

食材だけで作ったそうです。

 

驚いたのですがカレーのスパイスは

すでに奈良の平城京の頃には薬としてあったそうです。

 

そこで、もしもインドの僧侶がそのスパイスを使って

カレーを作ったらと言う仮定のもとに

「1300年カレー」を創作したそうです。

 

さて、使われる具材ですが

大根、

里芋、

レンコン、

干しシイタケ、

ナス、

もち粟、

酒粕

などが使われているそうです。

 

玉ねぎは1300年前には日本になかったそうで

使われていません。

さらに、ジャガイモ、ニンジン、肉などのカレーの定番具材は

使われていません。

 

また、とろみをつける小麦粉の代わりにもち粟を使っています。

 

何だか創作料理と言うより歴史探訪による実験料理って感じですね。

 

現在に生きる管理人としては

1300年前の食材でカレーがつくれるかどうかよりも

ちゃんと食べられるのかどうかが問題です。

 

楽天市場でレトルトで1300年カレーを通販をしているので

今度注文してみます。

 

⇓楽天市場はこちら⇓


YouTubeで動画がありましたのでUPしておきます。

ただ、動画のおっさんは美味いかどうかを言わねんだよなぁ

子供でも食べられるって言ってはいたが…

ついでに言うとおっさんのカレーの食べ方が

カレーをすすっているような音がするのが気になったのだが⇓

確認しておきますが「1300年カレー」は

あくまでも創作カレーですので

1300年前に日本にカレーがあったという訳ではありません。

 

カレーはインド料理を元にイギリスで作られたもので

それが19世紀の終わり頃に日本に伝えられたものです。

 

さらに日本人の口に合うように

日本で改良されたものが日本のカレーです。

 

ちなみにインドにはカレーと言う名の料理はありません。

 

 

それではこの辺で

「お・い・と・ま」

 

 

 

このページと関連ページ:

スポンサード リンク

コメントを残す